「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-東海・北信越エリア- | サカママ メインコンテンツに移動

「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-東海・北信越エリア-

サッカージュニアの最高峰の大会といわれる全日本少年サッカー大会。今年から名称が変更し「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」となり、12月26日に開幕します。ここでは、東海・北信越エリアの出場チーム監督に聞いた勝因やチームの強み、さらに注目選手の意気込みもご紹介。本大会が始まる前に、ぜひチェックして!

山梨県「ヴァンフォーレ甲府U-12」
(西川陽介監督/出場回数:4回目)


山梨県県大会を通し、全試合で20本以上のシュートを放ち、合計35ゴールを決めてきた攻撃型のチームです。また、遠征を頻繁に行うことで、選手や私には全国に仲間がいます。それだけでなく、韓国遠征やカタール遠征を通し、国外にも仲間作りをしており、そんな仲間たちのおかげで強くなったチームだと思っています。

注目選手!


濱野哉太選手(小6/FW)
「全国大会では、すごく強いチームと対戦すると思うので、苦しい時をみんなで頑張って乗り越えたいです。自分が点を取って全国大会でも優勝目指して頑張ります!」

長野県「アンテロープ塩尻ジュニア」
(村上孝太監督/出場回数:2回目)


どんな相手とも戦える対応力の高さ、球際の強さを持ったチームです。

注目選手!


(左から)
竹内孝誠選手(小6/MF)
賢いプレーで攻守に渡ってチームに貢献できる(村上監督)。
和田 陸選手(小6/MF)
スピードのあるドリブルで、一人でゴールチャンスを作れる選手です(村上監督)。

新潟県「club F3」
(松原有弘監督/出場回数:初出場)


日頃から県外のチームや県内の強豪チームと試合をさせていただき、いつも自分達が通用する事、足りない事を日々確認しながら練習で改善し成長することができました。また、素晴らしいチームと切磋琢磨する環境があったからこそ強くなれたのだと思います。県大会では選手が怪我や体調不良でベストの布陣では1試合もできませんでしたが、みんなが同じ経験値を身につけることによって控え選手も含め、状況が悪くともカバーし合うことができました。

注目選手!


高杉京介選手(小6/DF)
1対1の強さを持つ選手(松原監督)。
深井康貴選手(小6/MF)
左右さなく蹴れて、シュートが正確(松原監督)。
長谷川 寛選手(小6/GK)
反応が速い、チームのキャプテン(松原監督)。

石川県「旭丘フットボールクラブ」
(本田 昇監督/出場回数:初出場)


全員攻撃、全員守備。メンバーみんながハードワークできることがチームの強みです。

注目選手!


寺下翔和選手(小6/MF)
「みんなをまとめるのがチームの中での役割。全員が一つになって優勝したいです!」

福井県「敦賀FCフレンズ」
(木南 渉監督/出場回数:3回目)


今年はドリブルを中心とした攻撃好きな個性あふれる選手が多いチームです。大事な試合での集中力は非常に高く、県大会でも接戦続きでしたが、チーム一丸となって勝ち抜きました。

注目選手!


(左から)
橋本生輝ミラーン選手(小6/MF)
「フリーキックには自信があり、ブレ球、カーブ、キーパーの前でワンバウンドなど色々蹴れます。15人全員福井県代表として歴史を作りたいです」
山本楽偉選手(小6/DF)
「得意なプレーは、1vs1の守備とヘディングの競り合い。絶対に1次リーグを突破します」

愛知県「FC.フェルボール愛知」
(川畑淳二監督/出場回数:初出場)


サッカーに取り組む姿勢が良く、質の高い選手が揃います。保護者も含めて団結力が非常に高く、負けているゲームでも最後まで諦めない気持ちが強く、戦い抜くことが出来ました。

注目選手!


三辻元希選手(小6/DF)
「攻守において起点となり、1戦1戦を大切に楽しみながらプレーするよう心がけます」

三重県「大山田サッカースポーツ少年団」
(小山直樹監督/出場回数:5回目)


8人全員が攻守に関わりゲームを組み立て、常に高い位置でボールを奪い、時間をかけずにゴールまで攻め上がる『堅守速攻スタイル』がストロングポイントです。勝ち上がることができた要因は、この学年は三重県大会3冠を達成し、「大山田PRIDE」を持ち、四冠達成に向けて、選手達が日々高い意識を持って取り組んだ成果だと思っています。

注目選手!


秋田幹太選手(小6/FW)
「得意なプレーは、強いシュート。全国大会でも自分が点を決めて、みんなを楽にしたいです」

岐阜県「メジェール岐阜瑞穂F.C.」
(澤田雄太監督/出場回数:初出場)


攻守においてチームのために献身的に走れる選手が多いのが特徴です。

注目選手!


(左から)
神谷諒太選手(小6/DF)
危険を察知する能力が高く、予測することでボールを奪うことが出来る選手(澤田監督)。
斗谷甚太選手(小6/DF)
寡黙な性格ではあるものの試合になると熱いハートを持ち戦える(澤田監督)。
髙本 翼選手(小6/MF)
チームのために献身的に走れて、攻撃だけでなく守備も一生懸命頑張れる選手(澤田監督)。

その他の東海・北信越エリアの出場チーム

富山県「ヴァリエンテ富山ジュニア」
静岡県「キューズFC・エスパルスジュニア」

JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会概要

日程 12月25日(火)~12月29日(土) ※25日は開会式のみ
会場 開会式:鹿児島市民文化ホール
1次ラウンド・ラウンド16:鹿児島ふれあいスポーツランド
準々決勝:鹿児島県立鴨池補助競技場
準決勝・決勝:白波スタジアム
※すべて鹿児島県鹿児島市
参加チーム 都道府県代表各1チーム及び、前年度優勝チーム枠(第41回優勝は大阪府)として1チーム、合計48チーム
競技規則 日本サッカー協会「8人制サッカー競技規則」による

北海道・東北エリアはコチラ
関東エリアはコチラ
関西エリアはコチラ
中国・四国エリアはコチラ
九州エリアはコチラ