メインコンテンツに移動
ドリブルをコントロールして「敵の前で止まる」を習得!

ドリブルをコントロールして「敵の前で止まる」を習得!

広い場所や特別な道具は不要!親子で行うトレーニングを紹介します。少しずつステップアップしながら、サッカー技術や体力アップにつながるメニューを揃えました。親子で一緒に楽しみながら、子どものサッカー上達をサポートしましょう。

ドリブルをコントロールして「敵の前で止まる」

今回はトレーニング「アウトサイド&インサイドのドリブルを完璧マスター」にストップすることを加えます。止まりたい場所で止まるためには、スピードのコントロールが不可欠。そのための加減の仕方や、ドリブルのテクニックを習得します。

止まるべきところでストップするために、その地点でスピードを落とすことが大切であることを自らの体験をもとに習得させてあげましょう。 ポイントにもあるように、このトレーニングは「失敗から学ぶ」体験をすることが最重要ポイント。ぜひ、「スピードを出しすぎてお母さんの前を通り越してしまった」という体験を何度もさせてあげてください。

ポイント


お母さんはストップ地点に立ってあげましょう

ストップする地点を明確に定めることで、単純にストップするより意味のあるトレーニングになります。コーンや物よりも、人が立っているほうが臨場感もアップ。ボールや体がぶつかって怪我をしないように注意してください。


「顔を上げる」「1歩ずつドリブル」をチェック

これまでドリブルのトレーニングでのポイントに上げてきた「顔を上げる」「1歩ずつボールに触る」はこのトレーニングにも当てはまります。要素が増えても基本を守るよう、丁寧さが欠けていたらアドバイスしてあげましょう。


「ドリブルは速ければいい」ではないことに気付くきっかけに

スピードが速すぎたままストップ地点で止まろうとすると、ボールが飛んで行ってしまい失敗に終わります。そういった失敗を経験して、どの程度スピードを落とすべきかを知るきっかけになります。

合わせて読みたい

  • こんな時だからこそできる!サッカー個人基礎練習!!パートⅢ
  • こんな時こそ欲張りメニュー!
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング5 〜毎朝10分カラダスイッチON~
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング4 〜毎朝10分カラダスイッチON~
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング3 〜毎朝10分カラダスイッチON~
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング2 〜毎朝10分カラダスイッチON~

関連記事

  • 【大槻邦雄の育成年代の「?」に答えます!】親子トレーニングで大切なことは?
  • こんな時だからこそできる!サッカー個人基礎練習!!パートⅢ
  • こんな時こそ欲張りメニュー!
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング5 〜毎朝10分カラダスイッチON~
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング4 〜毎朝10分カラダスイッチON~
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング3 〜毎朝10分カラダスイッチON~