高校サッカー選手権出場チームのキャプテンに聞く!1・2年生、中学生たちへのメッセージ | サカママ メインコンテンツに移動

高校サッカー選手権出場チームのキャプテンに聞く!1・2年生、中学生たちへのメッセージ

つらかった1年を乗り越え、選手権に出場した選手たち。それは自分のチカラはもちろん、周囲のサポートがあって辿りつける夢舞台だ。当たり前のことが、当たり前ではないことに誰もが気づかされた2020年。集大成の場に出場したチームのキャプテンから預かったメッセージをここに紹介する。

写真/野口岳彦、山口賢二郎
(写真提供:オフィシャルサポート)

高校サッカーを卒業する先輩として、1・2年生やこれから高校サッカーに携わる中学生に向けたメッセージ

熊倉 匠(GK/3年)
山梨学院高校(山梨)優勝

最後に笑って終われるよう全力で楽しんでほしい
「これから辛いことや苦しいことがあり嫌になってくることがあると思うが、そんな時こそ仲間が支えてくれると思うから、誰かのために頑張れる選手になってほしいと思う。そして、最後に笑って終われるよう全力で楽しんでほしい」

藤原優大(DF/3年)
青森山田高校(青森)準優勝

苦しくても踏ん張って耐える
「辛いことや苦しいことをやればやるほど後から見返りが来ます。しかし、妥協すればするほど後の結果は良いものにはなりません。だからこそ、今はつらくても苦しくても踏ん張って耐える。そしたら必ず『自分が一番手にしたいもの』を掴み取ることができると思います」

坂本龍汰(DF/3年)
矢板中央高校(栃木)ベスト4

成長し続ける3年間にしてほしい
「高校サッカーは人生において通過地点なので、自分の夢・目標のために成長し続ける3年間にしてほしいと思います」

川上航立(MF/3年)
帝京長岡高校(新潟)ベスト4

今ある環境に感謝してほしい
「今ある環境に感謝し、日々努力を積み重ねてほしいです」

須藤直輝(MF/3年)
昌平高校(埼玉)ベスト8

太く強い根を伸ばしてほしい
「3年間本当に短いです。自分が出せる力を出しきってください。そして置かれた環境で花を咲かせてください。辛いこと、苦しいことたくさんあると思います。そのような時こそ、側にいてくれる家族や仲間、コーチに頼って、太く強い根を伸ばしてください」

石田侑資(DF/3年)
市立船橋高校(千葉)ベスト8

仲間と本気でぶつかり合い、助け合ってほしい
「今年の悔しさを是非1・2年生には晴らしてほしいです。絶対に苦しい時期や結果が出ない時期はあります。そんな時こそ、仲間と『本気』に『本音』でぶつかり合い、助け合い、やるべきことを徹底してやり続けてほしいです」

日野翔太(MF/3年)
堀越高校(東京)ベスト8

目標に向かってどう過ごすのかが大事
「自分の目標に向かって365日、24時間をどう過ごすのかが大事だと思います。そしてサッカーが好きという気持ちを持ち続けることが成長につながります」

木谷亮太(DF/3年)
神戸弘陵学園高校(兵庫)ベスト16

1日1日を大切に、感謝の気持ちを常に持ってほしい
「3年生になった1年間は特に時間が早く過ぎていくと感じました。1・2年生には1日1日を大切にしてほしいと思います。そして、多くの方々の支えあってプレーできるので感謝の気持ちを常に持ってほしいです。中学生に向けて、神戸弘陵はどのカテゴリーでも真剣に熱く取り組む環境とチャンスがあります。3年間でサッカー・人間力をあげるには最高の時間を過ごせます。是非僕に続いてほしいと思います」

上田瑞季(MF/3年)
東福岡高校(福岡)ベスト16

成長できる場所
「サッカー面ではもちろん、人としても成長できる場所です」

大津平嗣(DF/3年)
学法石川高校(福島)初出場

後悔のないようにやり切って欲しい
「高校サッカーの3年間というのは、長いようで短くあっという間に過ぎていきます。特に3年生になってからの1年間は本当に早いです。1番伝えたいのは、後悔のないようにやり切って欲しいということです。私は、先輩から教えてもらっていたので最後悔いを残すことなく高校サッカーを終えました。私は全国大会に出場することが出来ましたが、全国大会に出場することがすべてだとは思いません。最高な仲間とかけがえのない時間を共にすることで得られるものは、一生の宝になります。是非悔いなく終われるように1日1日を大切にして、『夢を与える』そんな選手に皆さん成長してください。頑張れ後輩たち!」


高校サッカー選手権出場チームのキャプテンに聞く!