「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-関東エリア | サカママ メインコンテンツに移動

「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-関東エリア

サッカージュニアの最高峰の大会といわれる「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」が12月26日(土)から29日(火)に開催されます。ここでは大会に先立ち、関東エリアの出場チーム監督に聞いたチームの強みや都道府県大会を突破できた勝因、注目選手、さらに選手自身による意気込みもご紹介。本大会が始まる前に、ぜひチェックして!

茨城県「鹿島アントラーズジュニア」(出場回数:14回目)

鹿島アントラーズジュニア

チームのまとまり、自分たちで声を掛け合いながらプレーできるところが強みです(小谷野稔弘監督)。

注目選手:飯塚優選手(小6/SB)

飯塚優選手
  • 得意なプレー
    ボールを持った時に相手を観ながらターンして逆サイドに変えるプレー、FWへの縦パス
  • チームの中での役割
    守備の場面で体を張ってピンチを防いだり、1×1の場面で奪いチャンスボールを仲間に送ること
  • 大会へ向けて
    自分のプレーをしっかり出し、チームの勝利のためにプレーする
  • 将来の目標
    プロサッカー選手

栃木県「栃木SC U-12」(出場回数:7回目)

栃木SC U-12

チームの仲がよく、全員で問題解決のために一枚岩になれるところが強みです。また、一人ひとりが仲間に対して思いやりを持ち励まし助け合うことができる、人として大切な相手を思う心を持ったチームです(金澤祐介監督)。

注目選手:三浦颯太選手(小6/MF)

三浦颯太選手
  • 得意なプレー
    体を入れて相手からボールを奪うこと
  • チームの中での役割
    常にハードワークして、攻守の起点になること
  • 大会へ向けて
    最高の仲間と全力を尽くして勝ち進む!
  • 将来の目標
    日本代表のボランチとして活躍する!

埼玉県「江南南サッカー少年団」(出場回数:8回目)

江南南サッカー少年団

ストロングポイントは、チームワークの良さです(松本暢佑監督)。

千葉県「ジェフユナイテッド市原・千葉U-12」(初出場)

ジェフユナイテッド市原・千葉U-12

様々な特徴を持った選手がいることで戦い方のバリエーションが多く、あらゆる状況・文脈に合わせられることが強みです(GUILLERMO ORIOL GIL監督)。

注目選手:鈴木波馬選手(小6/MF)

鈴木波馬選手
  • 得意なプレー
    3人目の動きでボールを受けること。スルーパス
  • チームの中での役割
    チームをまとめる。ゲームを落ち着かせる
  • 大会へ向けて
    チーム一丸となって、優勝を目指す
  • 将来の目標
    日本代表になる。海外でプレーする

東京都「FC TRIANELLO Machida」(初出場)

FC TRIANELLO Machida

都大会で5試合23得点の攻撃力が最大の魅力です。攻撃力を武器としながら素早い攻守の切り替えの速さや豊富な運動量などが都道府県大会で目立ちました(若山聖祐監督)。

注目選手:工藤敦士選手(小6/FW)

工藤敦士選
  • 得意なプレー
    相手を騙すプレー
  • チームの中での役割
    違いを見せてチームを勝利に導くこと
  • 大会へ向けて
    全国制覇!!
  • 将来の目標
    海外で活躍してお金持ちになる!!

神奈川県「バディーサッカークラブ」(出場回数:4回目)

バディーサッカークラブ

個性のある選手、負けず嫌いの選手が多く、守備の統率ができたたことが勝因です。また、女子選手も1人います(佐野裕哉監督)。

注目選手:勝又悠月選手(小6/FW)

勝又悠月選手
  • 得意なプレー
    裏への抜け出しからのシュート、スピードを生かしたドリブル
  • チームの中での役割
    ストライカー、前線からの守備
  • 大会へ向けて
    チームとしては全国優勝し、個人としては毎試合1点以上取り活躍する
  • 将来の目標
    Jリーガーになりその後海外で活躍しチャンピオンズリーグで優勝する。日本代表に入りワールドカップに出場する

「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!