メインコンテンツに移動

サッカーシューズのひもがほどけない、簡単な結び方

サッカーの練習や試合中、気づけば「ひもがほどけている!」というサッカージュニアも多いのでは? くつ紐がほどけてしまうと、応援しているサカママも冷や冷やしますよね。そこで今回は、スパイクやトレシューのひもがほどけない方法を紹介します。

平ひもにする

サッカーシューズやスパイクのひもに、種類があるのを知っていますか? シューズのひもがほどけないようにするには、まずはひも選びが大切です。

くつ紐には、主に丸ひもと平ひもがあります。

丸ひも

丸ひも

平ひも

平ひも

平ひものほうが足によりフィットし、接着面が広いので丸ひもよりもほどけにくいと言われています。ひもがほどけやすい場合は、平ひもを選ぶのがおすすめです。

ほどけないくつ紐の結び方

シューズのひもがほどけない結び方は、いたって簡単です。

①まずは1回、普通に結びます。

①まずは1回、普通に結びます。

②左右のひもを引っ張る前に、もう一度、くぐらせます。

②左右のひもを引っ張る前に、もう一度、くぐらせます。

③左右のひもを引っ張り、

③左右のひもを引っ張り、

④蝶々結びをすればOK

蝶々結びをします

足にフィットするくつ紐の結び方(ダブルアイレット)

スパイクやトレシューは、足にフィットしていたほうが、サッカー力アップにもつながるものです。足をしっかりと固定する結び方には「ダブルアイレット」という方法があります。

①上から2番目の穴までは、左右交互に通します。

①上から2番目の穴までは、左右交互に通します。

②上の穴にひもを通して、輪っかを作ります。

②上の穴にひもを通して、輪っかを作ります。

③右ひもを左の輪っかに、左ひもを右の輪っかに通して

③右ひもを左の輪っかに、左ひもを右の輪っかに通して

④左右のひもを引っ張ってから

④左右のひもを引っ張ってから

⑤蝶々結びをします。

蝶々結びをします

この結び方をすると、かかとが固定されて足が安定します。シューズがぬげやすいという方にもおすすめです。