スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は? | サカママ メインコンテンツに移動

スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は?

せっかく試着してスパイクやトレシューを買ったのに、「甲が痛い!」「小指が痛くて集中できない!」と、お子さんが言うことってありませんか? ここでは、そんなときの対処法を伝授します。

甲が痛い場合は、くつ紐で調整する

せっかく正しいサイズのスパイクやトレシューを選んでも、足の甲が高いサッカージュニアの場合、痛みが生じることがあるかもしれません。その場合は、くつ紐の結び方で調整する方法があります。

甲の痛みがある部分は、クロスさせずに飛ばして結びます。

スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は?

この結び方をすると、甲の部分の圧迫を防ぐことができるので、痛みの軽減につながります。
なお、甲が高いサッカージュニアは、あらかじめシュータン(ベロ)がついているタイプを選んでおくといいでしょう。

横幅がきつい&痛い場合は、シューストレッチャーを使う

シューストレッチャーとは、シューズストレッチャーとも呼ばれ、靴のストレッチ(引き伸ばし)を行うアイテムです。

スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は?

ストレッチャーを靴の中に入れて、ハンドルを回すとつま先部分が左右に広がっていくので、好みの幅に調整します。種類にもよりますが、そのまま1~2日ほど放置しておけば伸びています。

スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は?
ストレッチャーを使ってシューズが足にフィットすれば、サッカー力アップにも!

ストレッチャーは2,000円前後で購入できるタイプもあるので、一つ持っておくと何かと便利ではないでしょうか。

なお、シューストレッチャーには甲の部分を伸ばすタイプもあります。

小指が痛い場合は、ポイントストレッチャーを使う

小指に痛みが生じる場合は、ポイントストレッチャーがおすすめです。

スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は?

伸ばしたい部分に、革を柔らかくするスプレーやクリームをつけた後、あて布をしてから、ストレッチャーで伸ばします。

スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は?
実際はあて布をしてからストレッチャーを使います。

スパイクやトレシューには、シューキーパーを入れておこう

スパイクやトレシューの型崩れを防ぐためにも、帰宅したらシューキーパーを入れておくのがおすすめです。

スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は?
シューキーパーは100円ショップで購入できるタイプもあります。

天然皮革のスパイクは皮が傷みやすいので、クリームを塗って、シューキーパーを使うとひび割れ予防と型崩れの予防になります。

スパイクやトレシューを履くと「甲が痛い、小指が痛い!」ーその対処法は?