「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-中部エリア | サカママ メインコンテンツに移動

「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-中部エリア

サッカージュニアの最高峰の大会といわれる「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」が12月26日(土)から29日(火)に開催されます。ここでは大会に先立ち、中部エリアの出場チーム監督に聞いたチームの強みや都道府県大会を突破できた勝因、注目選手、さらに選手自身による意気込みもご紹介。本大会が始まる前に、ぜひチェックして!

山梨県「フォルトゥナU-12」(出場回数:4回目)

フォルトゥナU-12

攻守において、要となる選手がいます。攻撃では、状況を打開できるような個の質が高い選手。守備では、粘り強い1vs1とカバーリング能力が高い選手。チーム全体が、ハードワークができ球際や切り替えの早さが強みです(阿佐美宗平監督)。

注目選手:市川大登選手(小6/MF・FW)

市川大登選手
  • 得意なプレー
    ドリブルで仕掛けてチャンスをつくること
  • チームの中での役割
    中盤でボールをもらい点を決めること
  • 大会へ向けて
    全国優勝するために頑張ります
  • 将来の目標
    日本代表に選ばれて、W杯に出ること

長野県「フォルツァ松本Jr」(出場回数:5回目)

フォルツァ松本Jr

今年のチームはオフェンスに個人技術の高い選手が多いので、ボールを持つ時間が多く攻撃的に戦えています。またキーパーとセンターバックの安定感もあり攻守にバランスが良く、長野県大会を無失点に抑えられました。ただし1番の要因は「全員で頑張る」ができたことです(山添誠監督)。

注目選手:塩田悠真選手(小6/FW)

塩田悠真選手
  • 得意なプレー
    ドリブルで相手の逆をついて突破すること
  • チームの中での役割
    ドリブルで相手の逆をついて突破すること
  • 大会へ向けて
    予選突破して長野県初のベスト4を目指す
  • 将来の目標
    プロになって海外でプレーすること

新潟県「アルビレックス新潟U-12」(出場回数:6回目)

アルビレックス新潟U-12

県大会4試合で17得点の攻撃力がストロングポイントですが、それも安定した守備があってこそなので、攻守ともにバランスがとれたチームだと思います(小林高道監督)。

注目選手:森山裕太選手(小6/MF)

森山裕太選手

テクニック、スピードのあるドリブルからチャンスを演出でき、自ら得点やアシストなどに多く関われる選手です(小林高道監督)。

富山県「FCひがしジュニア」(初出場)

FCひがしジュニア

サイドMFの2人がスピードがあり、オーソドックスなサイド攻撃と最終ラインからのオーバーラップで勝ち上がることができました。また、2バックなのでDFの裏を狙われても自分達の攻撃重視のスタイルを変えることは、予選前から絶対にしないと選手には伝えてきました。女子選手は2名いて、1名は都道府県大会でもレギュラーとして得点し活躍してくれました(安田芳一監督)。

注目選手:堀耕平選手(小6/DF)

鈴木波馬選手
  • 得意なプレー
    スピードはないですが1対1の対人への強さと粘り強さです
  • チームの中での役割
    個性の強い選手が多い中、言葉数は少ないですが寡黙にプレーしチームをまとめてきました
  • 大会へ向けて
    富山県代表は近年、予選突破をしてないので最低限予選突破を目指します
  • 将来の目標
    サッカー選手も夢ですが建設関係の仕事に就くのも夢です

石川県「ツエーゲン金沢U-12」(初出場)

ツエーゲン金沢U-12

選手全員に責任感があり、常に一生懸命プレーした結果が一つの要因です。また選手全員仲が良く、選手、保護者、スタッフが三位一体で、全員が選手たちを信じ、選手たちが仲間や自分自身を信じてプレーした結果、都道府県大会で優勝できました(伊藤将大監督)。

注目選手:長田圭人選手(小6/MF)

長田圭人選手

基本技術があり、攻撃の面では組み立てから決定機の演出までできる選手。また、守備面は得意ではないけれど、サボることなくハードワークができる選手です(伊藤将大監督) 。

福井県「大虫フットボールクラブ」(出場回数:2回目)

バディーサッカークラブ

パスサッカーを基本とし、選手全員が個人技術だけに頼らず、協調性の高いチームサッカーを目指しています(濱野信吾監督)。

注目選手:能登部司選手(小6/DF)

能登部司選手
  • 得意なプレー
    一対一でのディフェンス
  • チームの中での役割
    キャプテン
  • 大会へ向けて
    一試合一試合を全力で戦い、決勝トーナメント進出を目指す
  • 将来の目標
    プロサッカー選手

静岡県「清水エスパルスU-12清水」(出場回数:2回目)

清水エスパルスU-12清水

全員攻撃、全員守備ができるチームです。県予選では、2回PKで勝ちました(太田貴光監督)。

注目選手:内田康楠選手(小6/GK)

内田康楠選手

リーダーシップがとれ、シュートストップを得意とする選手です(太田貴光監督)。

愛知県「東海スポーツ」(出場回数:4回目)

東海スポーツ

チームワークが良く、選手全員が個性を出せることが強みです(鈴木健太郎監督)。

注目選手:小池聡一郎選手(小6/FP)

小池聡一郎選手
  • 得意なプレー
    ドリブル突破
  • チームの中での役割
    キャプテン

三重県「F.C ジェンティーレ」(初出場)

F.C ジェンティーレ

ベンチを含めチームの一体感があり、攻撃力と攻守のバランスが良いチームです。前に左利きが3人いてその内1人は両利きでもあり、シュートが上手いです。守備の方はゴールキーパーは小柄ですが、1対1に強く反射神経が抜群。また、センターバックは、みんなからの信頼が厚く鉄壁の守備をしてくれます(長澤栄男監督)。

注目選手:中村優太選手(小6/MF)

中村優太選手
  • 得意なプレー
    スルーパスだったり相手の背後を取ることが得意です
  • チームの中での役割
    自分がボールを奪って前の選手にパスをしたり、おとりになり、得点を決めるところです
  • 大会へ向けて
    結果はもちろん、内容にもこだわり一回戦突破を目指したいです
  • 将来の目標
    サッカー選手です

岐阜県「翼SCレインボー垂井」(初出場)

翼SCレインボー垂井

全員が攻撃的な気持ちを持ち、岐阜県大会(4試合)でも15得点することができました(伊藤隆文監督)。

注目選手:川上尚馬選手(小6/MF)

川上尚馬選手
  • 得意なプレー
    ドリブル、パス
  • チームの中での役割
    キャプテン、ゲームメイク
  • 大会へ向けて
    ベスト16へ進出
  • 将来の目標
    サッカー選手

「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!