メインコンテンツに移動

全国高校サッカー選手権を観よう! -第98回大会の見どころは?-

12月30日(月)から年をまたいで2020年1月13日(月)まで開催される、全国高校サッカー選手権大会(以下、選手権)。
高校サッカーの頂点を決める選手権も、親子で楽しめる大会の一つです。そこで、選手権のおもしろさや第98回大会の見どころを2回に渡ってご紹介。今冬は、親子で選手権を観戦して、サッカー上達につなげよう!

全国高校サッカー選手権を観よう! -選手権のおもしろさって?-

第98回大会の見どころは?

今大会の見どころ1
強豪校が予選で敗退!
今年はとくに番狂わせが起きる予感
青森山田
第97回大会は青森山田が2年ぶり2度目の優勝。決勝戦は2020年1月13日(月・祝)、埼玉スタジアム2○○2で行われる。

選手権の常連校である東福岡高校(福岡)や桐光学園(神奈川)が敗退するなど、各県の予選で早くも番狂わせが起きている今大会。それゆえ、今年は例年以上に混戦が予想されているのです。去年、優勝した青森山田(青森)が所属するブロックには、インターハイ準優勝の富山第一(富山)をはじめ、國學院久我山(東京B)や興國(大阪)、昌平(埼玉)など強豪の名が並ぶので、初戦から決勝戦のような戦いになる予感。果たして激戦を制するのは!?

今大会の見どころ2
両チームとも2年生がエース!
「昌平vs興國」に注目
須藤直輝選手
須藤直輝選手は大宮アルディージャJr.ユースから高校サッカーを選択。

注目カードの一つが初戦の昌平(埼玉)と興國(大阪)。激戦区を突破した昌平は、急速に成長を遂げている強豪校。一方、大阪を勝ち上がった創部55年目の興國は、初出場ながらも毎年Jリーガーを輩出しています。驚くことに両チームともに主力、エースが2年生。昌平のエース須藤直輝選手は1年次から10番をつけ、今年は副キャプテンに。興國のエース樺山諒乃介選手は果敢にゴールを狙う注目のアタッカーです。さらに2選手とも今年U-17日本代表候補に。次世代を担う2年生エース対決、勝敗はいかに!?

今大会の見どころ3
昨年、選手権の舞台を経験した選手が
大会の主役に!?
武田英寿選手・晴山岬選手 (左)武田英寿選手は父がファンだったという中田英寿さんの名を授かったそう。
(右)チームのエース晴山岬選手はFC町田ゼルビアに内定、U-18日本代表にも選出。

今大会を沸かす可能性大なのが、青森山田(青森)の武田英寿選手。前回大会ではチームの司令塔として活躍し、今年はキャプテンに就任。U-18日本代表にも選出され、浦和レッズに内定しています。同じく、昨年2年生でありながらハットトリックを決め、4得点を挙げた帝京長岡(新潟)の晴山岬選手にも注目!

第98回全国高校サッカー選手権の組み合わせをチェック!

選手権の決勝戦は
プロの試合よりも人気がある?

選手権にはファンも多く、とくに毎回決勝戦は超満員になるほど。しかも、昨年の決勝戦は、54,194人の観客が訪れ、過去最多動員数に。Jリーグの試合でもこれほどまで観客が集まるのは滅多にないとか。選手権の人気は年々高まっているんです!

関連記事

  • 今さら聞けない!?サッカールール「ファウル(反則)と警告・退場」
  • 今さら聞けない!?サッカールール「オフサイド」(後編)
  • 「JFA 第43回全日本U-12サッカー選手権大会」編集部が選ぶベストメンバーは?(後編)
  • 「JFA 第43回全日本U-12サッカー選手権大会」編集部が選ぶベストメンバーは?(前編)
  • 「JFA 第43回全日本U-12サッカー選手権大会」マクドナルドフレンドリーカップとは?
  • 今さら聞けない!?サッカールール「オフサイド」(前編)