メインコンテンツに移動

【教えて!カントク!】全国大会出場チームの監督に聞く、サッカーサポートのこと(後編)

12月29日にバディーSCの優勝で幕を閉じた「JFA 第43回全日本U-12サッカー選手権大会」。同大会に出場したチームの監督から、サカママの悩みを解決すべくアドバイスをいただきました!

前編はコチラから「サッカーサポートで大事なこと」「反抗期の向き合い方」

教えて!

サッカーノートを書くことの良さって?
どんなことを書くといいですか?

江頭 駿監督

江頭 駿監督
(サガン鳥栖U-12)

サッカーノートを書くことで、その日にしたプレーを振り返ることができ、良かった点、改善点などサッカーのことを考える時間をしっかり持てるので大切だと思います。また、子どもたちが悩んだ時にノートを見て整理することもできると思います。

小倉和彦監督

小倉和彦監督
(SSSFC)

悪いプレーや失敗したことを書く選手が多いのですが、良いプレーや成功したことをたくさん見つけて書くことも大事だと思います。そうすれば、苦手なプレーを得意なプレーでカバーできるようになっていくものです。また、いつ見返してもわかるように(自分がわかればOK)書くことです。

中村 司監督

中村 司監督
(RENUOVENS OGASA FOOTBALLCLUB ジュニア)

自分があの時どんなプレーをしたか、どんなトレーニングをしたか、良いことも悪いことも書き残し、今後に役立てることが大切。夢や目標設定したことを書いて、そこを目指すことも必要だと思います。

 山根健司監督

山根健司監督
(鳥取KFC U-12)

選手が壁にぶつかったり、プレーに自信がなくなった時など、サッカーノートを読み返すことで気付きが生まれやすくなります。また、目標を書き込み、その目標を達成するというプロセスを観察する事もできるのです。

教えて!

中学サッカー進路はいつ頃から考えるべき?気を付けることは?

南雲伸幸監督

南雲伸幸監督
(バディーサッカークラブ)

どのチームに行ってもやるのは選手自身、親が決めるのではなく自分で決めることが大切。そうすれば多少の辛いことも乗り越えて頑張れると思います。親がチームを決めてしまうと、上手くいかなかった時に人のせいにしてしまい、選手にとって一番良くない状況になってしまいます。

 大田修平監督

大田修平監督
(オオタフットボールクラブ)

ポテンシャルが高く、上手い選手は、春先からオファーがくることもあると思いますが、慌てず、どんなサッカースタイルなのかなど、自分に合っているかどうかを見極めてほしいと思います。決してネームバリュー、強い、弱いで選んではほしくないものです。

 中村辰博監督

中村辰博監督
(グランセナ新潟FCジュニア)

サッカー進路を考えるのは、選手自身が気にしはじめた時で良いのかなと思います。それで、もし「もっと早く考えておけばよかった!」と選手が感じる事ができたのなら、それは大きな成長だと思います。

赤田太郎監督

赤田太郎監督
(京都長岡京SS)

J下部組織を目指す人は低学年の頃から考えないといけないのかもしれませんが、私は5年生以降、ぎりぎりまで引っ張って考えていいと思います。まずは目の前のサッカーを楽しみ、進路を考えなきゃいけないタイミングで、どういう選択肢があるかを確認し、決定すればいいかと。上に行きたいという理想はあっても今現在到達できている立ち位置があるのも事実。身の丈にあったチーム選びが長く続けていく上で大事だと思います。

More Advice

福田直人監督(ベガルタ仙台ジュニア)
保護者のサポートがなければサッカーライフは難しいけれど、プレーをするのは選手自身。「保護者やコーチが選手にプレーさせるのではない」ということを念頭にサポートを。

徳差憲一監督(フットボールクラブ湖北ジュニア)
反抗期・思春期は、言葉が否定的に聞こえるかも知れませんが選手たちは一切悪くありません。少し距離を置いて見守ることです。

「教えて!カントク」連載シリーズもチェック

WEBで連載中の「教えて!カントク!」では、東京、神奈川、千葉、埼玉のリーグに所属するチーム情報を収録した書籍『中学サッカー進路ナビ』に収まりきらなかった監督からのメッセージを紹介しています。中学サッカー進路に対するアドバイスはもちろん、サッカーを通した人間教育の大切さなども記されているので、ぜひチェックしてみて。

中学サッカー進路ナビ

東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県を対象に収録!
サカママ編集部からサッカー業界初の“進路案内”が登場!

定価:本体1,200円+税
発売日:2018/10/1
ISBN:978-4905349426

ご購入はコチラから!