メインコンテンツに移動

監督たちが教えます!新学期からの心得

学年が上がるにつれて、キッズたちはどう変化するのか、また何が求められるのかを、昨年の全日本少年サッカー大会 決勝大会(以下、全少)に出場したチームの監督たちにお聞きしました。

監督たちが指導する際に気をつけていることは、サカママとしても大いに役立つはずです。

4年生からはチームの一員としての自覚を、5・6年生は自主性を持つことが大事

渡辺泰明監督(レジスタFC)

わたなべやすあき●1982年6月2日、埼玉県出身。京華高校、法政大学でプレー後、コーチとして経験を積み、08年よりレジスタFCの監督に就任。昨年、就任8年目でチビリンピック、ダノンネーションズカップ、全日本少年サッカー大会にて優勝に導く。

昨年の全少で初優勝したレジスタFCを率いる渡辺監督。

「低学年はまずはサッカーを楽しみながら、少しずつ技術的な力をつけていけばいい反面『勝ちたい』『負けたくない』という気持ちは、この時期から植えつけておくことが必要だと思います。大きく変わるのは4年生から。うちのチームの場合は毎週末試合を行うようになるので、試合数が一気に増えます。試合に勝つために必要なこと、試合の運び方など細かなことも教えるようになりますし、子どもたちは“チームの看板を背負っている”という振る舞いや行動が必要になってきます。合宿などでは細かな指示は出すものの、口出しはぜず見守るのみ。この時期は、どんなことも自分で考えてやらせることが大切だと思います」。

さらに、5・6 年生になると自主性を持つことが重要に。

「ピッチの中では自分たちで瞬時に考えて行動することが求められるようになります。また、自分たちで乗り越えていく力も必要です。うちのチームでは、試合中も子どもたちだけで会話をさせたり、子どもたちだけのミーティング時間も設けています。自主性を持った子が増えることで、チームとしても大きくなっていくのです」。

学年が上がるにつれてサカママとしてすべきこととは?

「どうしても中学生になると、子どもと指導者の世界になってしまいます。学年に限らず、親がこんなにも関われるのはジュニア時代しかありません。親御さんは『今しかない』という気持ちで、子どもたちに言い過ぎず、見守ってあげてほしいですね」

高学年になるにつれて必要な理解力。子どもとの会話の中で親が“考えさせる”働きかけを

大槻邦雄監督(三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニア)

おおつきくにお● 1979年4月29日、東京都出身。三菱養和SCジュニアユース~ユースを経て、国士館大学サッカー部へ。卒業後、JFL横河武蔵野FC でプレー、並行して同大学大学院スポーツシステム研究科を修了。現在、監督を務めながら様々なカテゴリーを指導。

幼児のサッカースクールから高校生の選抜クラスまで指導を行う大槻監督。「1・2年生はボールを蹴ることが、3年生になると仲間とのサッカーが楽しくなります。低学年の頃から意識しているのは、ポジティブに働きかけること。けれど、あからさまにシュートを外したときには、何も言葉はかけません。たとえ低学年でもミスをした本人が一番わかっていると思うからです」。

4年生になると、よりサッカーに熱が入り目標ができるものの、他の子と比較するようになるとか。

「他の子と比べて、できると感じる子はよりサッカーが楽しくなるけれど、できないプレーがある子は尻込みするようになってしまう。そんな子には、まずは“できることを褒める”ようにしています」。

5・6年生になると今まで上手くいっていたプレーが通じなくなり、壁にぶちあたることも。「得意なプレーを磨いていくことも大事ですが、コーチに言われた意味を理解し、素直に受け入れたり、自分で違う手段を考えることも必要。つまり、自立することが求められます」。そのためにサカママが気をつけるべきことは、子どもたちとの会話だと大槻監督。

「例えば、子どもが『今日は疲れた』と言ったなら『何が疲れたの?』と問いかけ、その答えに対して『それで、どうだった?』と続ければ、その理由を答えるでしょう。親が会話の中で、すべての答えを提示するのではなく、子どもが自分で答えを導きだせるように働きかければ、考える習慣が身に付いていくと思います」

more advice to サッカージュニア

個人の技術向上は忘れずに、学年が上がるにつれて仲間との関わりを意識すること。
鈴木政裕監督(SSS札幌サッカースクール)

レギュラーを目指すのか、楽しみたいのか――
自分がどうなりたいかは一人ひとり違って問題ない。けれど、後輩たちが憧れを持てるような人物に。

山鷲 壮監督(F.C.Valentia)

学年が上がるとともに、サッカーはチームスポーツだということ理解し、少しずつ自立することを心がけてほしい。
桝谷孝行監督(アイリスFC住吉)

どの年代でも“真剣かつ楽しみながら”サッカーをすることが重要であり、競争心を持ってポジティブにプレーしてほしい。
倉沢飛輝監督(ESTRELLAS.FC)

学年が上がれば、サッカーの上手さや、得意・不得意もはっきりでてきます。その中でも決してあきらめない気持ちを持って取り組むことが大事。
森島 健監督(愛宕サッカー少年団)

自分に関わっている人すべてに感謝の気持ちを持つこと。
齋藤博幸監督(フットボールクラブ斐川)

学年が上がるにつれて自分の行動が他人に迷惑をかけてないか、練習のさまたげになってないかなど、自分の行動を理解すること。
江田守鉄監督(赤道クラブ)

自ら学び、行動する姿勢は、学年が上がるにつれて強くならなければならない。
高井宏徳監督(グランセナ新潟FCジュニア)

more advice to サカママ

人を尊重することを大切に。
丸田幸司監督(平章サッカースポーツ少年団)

プレーそのものより頑張っていたことを褒めてあげ、失敗を気にしていたら励まし、次、思いきってプレーできるようにモチベーションを高めるような言葉かけを。
永浜和紀監督(兵庫フットボールクラブ)

子ども達が自ら準備をしたり、先の行動を考えて出来るように促すことが大切。手を出しすぎず、失敗も経験させること。
葉賀 誠監督(野洲JFC)

子どものベストサポーターになってほしい。
西本達郎監督(符津スポーツ少年団サッカー部)

子どもが目標を立てたら、親はそのプロセスを見守り、忘れないように定期的に伝え、常に明確にしてあげること。
矢野克志監督(FC今治U-12)

子どもと同じ目線・方向を見据えて、我慢強く成長を見守っていくことが大事。
永山邦夫監督(横浜F・マリノスプライマリー)

子どもがサッカーを楽しむことを大切に!
長谷川佳弘監督(京都紫光サッカークラブ)

練習や試合は指導者に任せて、親は子ども達が明るく楽しくサッカーができる環境作りを。
橋野満之監督(盛岡太田東サッカー少年団)