基本に忠実に!正確なパスコントロール力を身に着ける | サカママ メインコンテンツに移動
基本に忠実に!正確なパスコントロール力を身に着ける

基本に忠実に!正確なパスコントロール力を身に着ける

広い場所や特別な道具は不要!親子で行うトレーニングを紹介します。少しずつステップアップしながら、サッカー技術や体力アップにつながるメニューを揃えました。親子で一緒に楽しみながら、子どものサッカー上達をサポートしましょう。

向かい合って行うパスのトレーニング

向かい合って行うパスのトレーニングです。パスが正確に出せるように、基本をしっかり身に着けましょう。

親子でパスの練習をするときに、子どもが相手も見ないで蹴ったボールを、お母さんが全部拾っていませんか? それではパスの練習になっていないのです。ポイントにもあるように、パスの基本は、蹴る前に相手を見て、蹴る瞬間はボールを見ること。相手のことを見ないで蹴るのは、単なるキックなんです。このトレーニングで“見る”ことのクセをしっかりつけましょう。

ポイント


手順をおさらい

①向かいあって(パスを)受ける人は、手でパスしてほしい方向を示す。(パスを)出す人は、その方向を確認して、蹴る瞬間はボールをみてパスをする。
②(パスを)出す人は、(パスを)受ける人が示した手とは逆の方向にパスをする(パスを)受ける人は1回ずつボールをしっかり止めて、繰り返しましょう。


パスをする前は相手を、蹴る瞬間はボールをしっかり見るのが基本

パスの基本は「パスをする前にボールをわたす相手を見る」「蹴る瞬間はボールを見る」ことです。この2つを常に意識してパスを行いましょう。


(パスを)受ける人が示した手を確認して、見るクセをつける

(パスを)だす人は、(パスを)受ける人が示した手をしっかり確認すること。そうすることで、自然とパスをする前に相手を見ることが身に着いていきます。