サッカーの基本!バランス感覚を身に着ける | サカママ メインコンテンツに移動
サッカーの基本!バランス感覚を身に着ける

サッカーの基本!バランス感覚を身に着ける

広い場所や特別な道具は不要!親子で行うトレーニングを紹介します。少しずつステップアップしながら、サッカー技術や体力アップにつながるメニューを揃えました。親子で一緒に楽しみながら、子どものサッカー上達をサポートしましょう。

バランス感覚を身に着ける

バランス感覚を養うトレーニングです。サッカーでは、パス、ドリブル、トラップなど、片足でプレーすることが大半なので、バランス感覚が何よりも重要。このトレーニングでしっかり習得しましょう。

まずは、片足立ちで10秒間、次に片足立ちでボールを太ももの裏で挟み、さらに姿勢を前傾にしてキープします。ポイントにもあるように、目を開けた状態でできたら、目を閉じてチャレンジしましょう。目をつぶることで難易度が高くなるので、より効果的です。

ポイント


2種類のトレーニングをおさらい

①両手を広げて片足立ちで10秒静止
②片足で立ち、ボールを太ももの裏とふくらはぎの裏で挟んで、両手を広げて5秒静止、さらに体を前に倒して5秒静止。
どちらも左右の足で行いましょう。バランスをとるには、両手をしっかり広げるのもポイントです。お母さんは10秒をカウントしてあげましょう。


やわらかいボールを使ってもOK!

ボールを使う際、なかなか静止できなければ、まずはサッカーボールよりもやわらかいボール(ゴムボールなど)を使って行いましょう。また、目を開けた状態で静止できるようになったら、次は目を閉じてトライ。


10秒間静止することで、集中力アップにも!

片足で10秒静止することで、集中力も促します。ボールを使って行うときは、太ももの裏に意識を集中させましょう。