メインコンテンツに移動

サッカーを伝えるイベントの司会業& サカママを両立させる方法とは?【サカママワーキングスタイル vol.59】

細田阿也さん

東京都世田谷区在住
碧琉くん(小6)、杏莉くん(5歳)

仕事:リポーター、MC、司会業などをしている細田さん。仕事のスケジュールは、週末を含めて週5日の時もあれば週3日のこともあり変則的ですが、息子さんが所属するチームの当番日は仕事を入れないように調整しています。
サカママ:長男は、地元の深沢FCレアル・マドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパンのグローバルクラスに所属しています。週4日以上の練習や公式戦、練習試合のほか、毎朝6時からは朝練もあり、細田さんは息子さんの自主性に任せながら、当番や応援に行ける日は見守っています。

リポーターや司会者としてサッカー界を盛り上げる


現在、リポーター、MC、司会業などをしている細田さん。結婚前はJリーグや日本代表のピッチリポーターをしていたことがあり、今もサッカーに関わる仕事は多いのだそう。
「中学校3年生の時にスカウトされたのをきっかけに、芸能界で仕事をするようになりました。Jリーグが開幕した時にサッカーの仕事をしたいと憧れていましたが、実際にJリーグや日本代表のピッチリポーターとしてサッカーに携わることができ、うれしかったですね。結婚後も子どもの行事などにあわせてスケジュールを調整しながら仕事を続けています。今もサッカーのイベントなどで司会をすることも多く、選手の個性を伝えたり、選手とサポーターの仲介役としてスポーツの迫力や選手の努力の声、サポーターの想いを伝えられることにやりがいを感じますし、三浦知良選手や中山雅史選手、福西崇史選手などレジェンドと言える方々とステージに共に立てた時に、夢が叶ったと同時にサッカー界を盛り上げるお手伝いをしたいとより一層思うようになりました」

怪我をした時も所属チームの仲間とコーチが支えに


細田さんの長男は、地元の深沢FCに所属しているほか、今年はセレクションに挑戦し、レアル・マドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパンのグローバルクラスに見事合格しました。
「長男は、静岡に住んでいた頃に幼稚園のサッカースクールに入ったことがきっかけでサッカーを始めました。小学校入学後はジュビロサッカースクールに通っていましたが、小学4年の時に東京へ転校することに。学校の友だちを作りたい、年齢的にサッカーを本格的にやらせたいと思ったことから、地元の深沢FCを選択しました。息子は練習や試合をするたびにたくましくなり、達成感を日々感じながら親子で青春を満喫しています。小学6年になってからは、少年団のほか、セレクションを受けて合格したスクールにも通っており、サッカー漬けの毎日ですが、励まし合える仲間やパパさんコーチ、サカママさんたちに出会えたことが息子の財産になっていると思います。今年8月にサッカー練習中に鎖骨骨折で全治3ヶ月の怪我をした時も、仲間やコーチの優しさに心身共に支えられました。試合に出られないだけでなく、セレクションの時期も重なり、息子はチームに貢献できない悔しさや不甲斐なさと戦っていましたが、試合会場に帯同して練習や試合観戦をさせてもらい、チームの輪に加われたことが本人の励みになりました。今のチームに入って、母同士、子ども同士の絆や思い出ができましたし、いつも支えてくれるよき仲間とパパさんコーチ、サカママさんたちには感謝しています」

自分時間でもサッカーが癒しのひととき


柏対磐田戦を観戦。ヘアメイクアーティストのyumi∗ちゃんと山田大記選手を応援に!

細田さんは出張で早朝に家を出ることも多く、仕事と家事、サカママを両立させるために、毎日の家事は時短で済ませるようにしています。
「家事は休みの日や連休にまとめてすることが多いですね。毎日の家事はなるべく時短で済ませるようにして、洗濯はタイマーを利用したり、乾燥機を使用したり、掃除もクイックルワイパーで簡単に済ませるようにしています。家族に協力してもらうこともありますが、特に長男の協力は必須です。私が用意しておいた朝食を出してくれたり、お風呂掃除をしてくれるので助かっています。また、長男が小さかった頃や今も次男を預かってくれる友人の存在も偉大です」

サカママとしてだけでなく、仕事でもサッカーに関わることが多い細田さんですが、自分時間もサッカーは欠かせません。
「レディースサッカーに参加してプレーすることもありますし、Jリーグをはじめ、ユースや社会人、フットサル、なでしこなど、どんなカテゴリーでもサッカー観戦が私の癒しになっています。サッカー以外では、駒沢公園でウォーキングしたり、家でストレッチをすることも好きですし、ジルスチュアートというブランドが20年ほど好きなので、時々ショッピングに行って楽しんでいます」

コレ、愛用してます!

1年中おいしい温度をキープできるサーモスのスープジャーを愛用中

サーモスのスープジャーを愛用していて、夏はそうめん、冬はスープを入れて持たせています。特に、朝練時や寒い時期にはコーンスープを入れて持たせるのがマストだと先輩サカママから教わりました。

細田さんの時間割

4:30 起床、お弁当・朝食作り、出発準備
6:00 静岡などに出張、仕事場へ
9:00 撮影またはイベント開始
14:30 撮影またはイベント終了
15:00 東京へ
17:30 幼稚園へ次男お迎え
19:00 長男のサッカーお迎え
20:00 夜食
21:30 就寝、次男の絵本寝かしつけ
23:00 家事をして就寝