大学サッカーのすゝめ 鈴木徳真(筑波大学 体育専門学群) | サカママ メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ 鈴木徳真(筑波大学 体育専門学群)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

鈴木徳真
SUZUKI TOKUMA
筑波大学 体育専門学群 1年/MF
所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部
出身校:前橋育英高校
プレーの特徴:状況判断

スポーツの勉強と試合への出場機会を求めて進学を決意

進学した理由は国立ということでお金の面で良いと思いました。
プロに行きたかったのですが、筑波大学でスポーツ面に関する勉強もして、そして、試合での出場機会を求めて大学を選択しました。

実際に入学して、自分が想像していた以上に幅広い分野を学ぶことができると感じる

自分が想像していた以上に幅広い分野を学べることや学校とグラウンドの距離や施設の良さがすごくいいと感じました。

今の課題は勉学とスポーツの両立

今の課題は勉学とスポーツの両立です。
どちらか片方に力を入れ過ぎると片方が適当になってしまい、中途半端にやると、どちらも微妙になってしまうので両方とも効率よくできるようになりたいです。

高校サッカーとの1番の違いはフィジカル

フィジカル面ですごく差を感じました。大学での練習でコンタクトすると、必ず倒されるのが当たり前で、自分のフィジカルを見つめ直す機会となりました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

思い残すことは、もっと高校サッカーをしたかったっていうのと、全国の舞台で戦いたかったと思います。
なので、毎日毎日の練習を100%で励み、そして勝って、是非あの舞台に立ってサッカーをして欲しいです。頑張ってください。応援してます。

1日の流れ

8:45 ⇒ 起床
8:45-9:00 ⇒ 移動
9:00-12:00 ⇒ 授業・講義
12:00-12:30 ⇒ 昼食
12:30-16:45 ⇒ 授業・講義
16:45-18:45 ⇒ 練習
18:45-20:15 ⇒ 夕食
20:15-23:45 ⇒ 自由時間
23:45- ⇒ 就寝