アスリートの味方「バナナ」は試合後の疲労回復にもGOOD! | サカママ メインコンテンツに移動

アスリートの味方「バナナ」は試合後の疲労回復にもGOOD!

千葉県船橋市:アスリートフード講座&ランチ交流会【arvo cuppaアルヴォカッパ】林葉子(アスリートフードマイスター)です。

30度越えの日々ですが…
連日、試合…という選手も多いのではないでしょうか??

試合や大会が目白押し!の時には。
エネルギーチャージが最重要ポイント。
我が家も野菜や汁物は控えめにして、エネルギーとなる炭水化物を多めの食卓となっています。

エネルギーチャージの代表格、バナナ🍌
柔らかく、消化が良いので試合前の食材として広く認知されていますが。
実は、試合後の補食にもピッタリなんです。

激しい運動後には、活性酸素が体内で発生。
この活性酸素。
適量なら問題ないのですが、過剰になると様々なトラブルを引き起こします。

活性酸素量は呼吸回数に比例。
さらに体温が上がったり、炎天下で運動したりすると…
なんと、呼吸量は10倍!そして活性酸素の量は40倍に💦
結果、疲労が蓄積し、パフォーマンスの低下やケガ/故障を招きます。

その疲労を早期回復してくれる優秀食材。
アスリートフード講座でもいくつか紹介させていただいていますが。
バナナもその中の一つ。
バナナの成分のフィトケミカルには、激しい運動後に炎症を軽くする効果があるそうです。
エネルギーとしてだけでなく。
試合後の疲労回復にも大活躍のバナナ。

我が家ではよく、シナモントーストにします。
ミキサーでキウィとはちみつ、豆乳&牛乳も♡
半分凍らせても、冷たくて美味しいですよ✋

ぜひ、お試しください!

WRITER PROFILE

林 葉子
林 葉子
長男のサッカーが本格化し、2017年にアスリートフードマイスターを取得。高校で英語を教えながら、自宅英語サロンとアスリートフード講座&ランチ交流会を運営。その集客経験を活かし、女性起業家のための集客ブランディング相談を行っている。一眼レフの技術を駆使した動画撮影/編集クリエイターとしても活動中。 ★アメブロはこちら