大学サッカーのすゝめ野口 航(筑波大学 体育専門学群) | サカママ メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ野口 航(筑波大学 体育専門学群)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

「個」で打開し、勝負を決められる選手に

野口 航
筑波大学 体育専門学群 3年/MF
所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部
出身校:熊本県立大津高校
プレーの特徴:キレのあるドリブル突破

恵まれた環境の中で切磋琢磨

高校の先輩も在籍しており、筑波大学のサッカースタイルが自分に合っていると思い筑波大学に進学しました。実際に入ってみて、毎日恵まれた環境の中で仲間たちと切磋琢磨しながら、充実したトレーニングを行えています。

アスリートに関連することを学ぶことができる

筑波大学では、スポーツメンタルやコンディショニングなど、アスリートにとっても関連することを多く学ぶことができるので、学んだことを積極的に実践しています。高校時代に比べて、コンディショニングという面では気を遣うようになりました。

「個」で打開し、勝負を決められる選手に

自分の課題は、今以上にゴール、アシストと結果を残さないといけないと感じています。また、試合の中で「個」で打開し、勝負を決められる選手にならなければとも思っています。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

今やれることを全力で取り組むことが重要です。高校サッカーで身に着けた力は自分の土台となると思うので、今できることを全力で取り組み、沢山チャレンジしてほしいと思います。

1日の流れ

7:00 ⇒ 起床
7:00-7:30 ⇒ 朝食
7:30-8:00 ⇒ 準備
8:30-8:40 ⇒ アパートから自転車5分で大学へ
8:40-11:30 ⇒ 講義
11:30-12:00 ⇒ 昼食
12:00-16:30 ⇒ 講義
17:00-18:30 ⇒ 練習
19:00-20:00 ⇒ 夕食
20:00-22:30 ⇒ 帰宅・自由時間
22:30- ⇒ 就寝