【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.11 杉山耕二選手(早稲田大学) | サカママ メインコンテンツに移動

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.11 杉山耕二選手(早稲田大学)

高校卒業後、それぞれの目標を持って大学サッカーへとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介する「大学サッカーのすゝめ」
今回は、早稲田大学ア式蹴球部から、杉山耕二選手をご紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?
進学先を選ぶ際の参考にしてください!

vol.11 杉山耕二選手(早稲田大学)

杉山耕二選手 style="margin:0;" />

DF 杉山 耕二(スギヤマ コウジ)

  • 1998年4月19日生まれ
  • 早稲田大学 スポーツ科学部
    スポーツ科学科 3年
  • 出身チーム
  • 小学生年代 
    三菱養和SC巣鴨ジュニア
  • 中学生年代 
    三菱養和SC巣鴨ジュニアユース(石神井東中学校)
  • 高校生年代 
    三菱養和SCユース(中央大学杉並高校)
  • プレーの特徴
  • 安定したビルドアップ

早稲田には誰もが主役になれるチャンスがある

早稲田大学に入学した理由を教えてください。

高校の先輩の相馬くん(現・名古屋グランパス 相馬勇紀選手)が早稲田で活躍していて、早稲田を勧められたのが一つのきっかけでした。また、練習に参加した際に強烈なインパクトを受けたことも理由です。部員の姿勢やチームの雰囲気など、自分が更に成長できる環境が早稲田にはあると感じ、入学を決意しました。

大学サッカーで成長したこと、大学生になって取り組んでいることはありますか?

サッカーに向き合う姿勢は大きく変わったと思います。パフォーマンス向上のために、そこから逆算して具体的に何が必要か、何をするべきかを考えて実行するようになりましたね。

大学の自慢できる点やオススメポイントを教えてください。

早稲田には誰もが主役になれるチャンスがあります。ピッチ内外問わず、全部員がそれぞれの立場でそれぞれの個性や能力を発揮し、個人としてもチームとしても日本をリードする存在になるべく日々精進しています。

高校サッカーになくて大学サッカーにあるものや、日常生活で違いを感じることは?

大学は高校に比べて、とにかく時間がありますね。その時間を自分自身で上手くデザインできるかどうかで、4年間の大学生活の密度が変わってくると思います。

杉山耕二選手

チームの絶対的存在になるべく弛まぬ努力を続ける

今後に向けての抱負を教えてください。

今シーズンは、チームの絶対的存在になるべく弛まぬ努力を続けます!

最後に、現役高校生サッカープレーヤーへメッセージをお願いします!

高校時代を振り返ると、自分自身もっとやっておけばよかったと思うことが多くあります。そんな後悔をしないためにも、ほんとにこれでいいのか?という自問自答を常にし続けてください。

杉山選手の1日の流れ

ここで杉山選手の1日のスケジュールを紹介します。大学サッカー生活の参考にしてみてください!

7:30 起床
8:00 朝食
8:30 登校
9:00 講義 主に所沢キャンパスで受講します。
12:30 昼食
13:00 講義
16:00 練習 練習場は東伏見サッカー場です。
18:00 自主練 練習後に1時間ほど自主練!
20:00 帰宅
20:30 夕食 夕食をすませたらお風呂…。
22:00 自由時間
23:00 就寝