メインコンテンツに移動

やる気が低下している時は

子供たちのなかには、ある時やる気がなくなってしまっている人もいるかもしれません。
そんな時、やる気を出そうと思っていてもなかなか出るものではないですよね。

テンションを上げるのではなくモチベーションを育てよう

こんな時は一時的なテンションを上げるのではなく、長く続いていくモチベーションを育てることをお勧めします!

モチベーションを育てるには、短期的な目標ではなく、長期的な目標を立てること。目標達成へ向け行動とやる気をコツコツと積み上げていくことが大切です。
テンションが上がるような声かけはあくまで一時的なやる気を出すのに効果的でしょう。

しかし、長くやる気を続かせるためには今は完璧でなくても、しっかりとできたことを褒めてみたり、失敗したとしても次にまたやりたいなと思うような声かけをすることが良いでしょう。
ご褒美や、声かけを使い、またやりたいを作っていけるかどうかが、モチベーションを育てるには大切になってきます。
一気に上がるテンションと、長く続くモチベーションを育てるために声かけを分けて考えてみましょう!

合わせて読みたい

  • 睡眠で読み解く!思春期の心の不安定さのナゾ
  • アフターコロナにむけて、今ママが出来ること
  • 判断能力にも影響?!受験の総仕上げは睡眠で
  • 目標達成も睡眠次第?!意志の強さと睡眠の関係
  • 【サカママ耳より情報】「睡眠負債」は寝だめでは返済できない!?『賢者の快眠』プレスセミナーをリポート!
  • お昼寝は効果なし!? 熱中症と睡眠の深~い関係

関連記事

  • うちの子が"文武両道"できている秘訣!前編
  • 【期間限定】soccer MAMA バックナンバー公開(vol.1 - 4)
  • 【期間限定】soccer MAMA バックナンバー公開(vol.5 - 12)
  • 中学年代に向けての選択肢
  • 【大槻邦雄の育成年代の「?」に答えます!】親子トレーニングで大切なことは?
  • 【期間限定】soccer MAMA バックナンバー公開(vol.13 - 20)