メインコンテンツに移動
青山学院大学 鈴直樹選手

【大学サッカーのすゝめ 2020】青山学院大学 鈴直樹選手

高校卒業後、それぞれの目標を持って大学サッカーへとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介する「大学サッカーのすゝめ」。今年も関東一部二部、関西一部、計36校・60名の選手を紹介していきます。
今回紹介するのは、青山学院大学体育会サッカー部鈴直樹選手。進学先を選ぶ際の参考にしてみてください!

青山学院大学 鈴直樹選手

鈴直樹

DF/MF 鈴 直樹(スズ ナオキ)

  • 2000年4月13日生まれ
  • 青山学院大学 経営学部 経営学科 2年
  • 出身チーム
  • 小学生年代 
    太陽SC U-12
    (鹿児島市立明和小学校)
  • 中学生年代 
    太陽SC U-15
    (鹿児島市立明和中学校)
  • 高校生年代 
    サンフレッチェ広島ユース
    (広島県立吉田高校)
  • FAVORITE PLAYER
  • エリクセン

自分の幅が広がるように学力の高い大学を考えた

―青山学院大学、青山学院大学体育会サッカー部を選んだ理由は?

サッカーをしていく上で、勉強をしておくことは必ず自分にとってプラスになるし、幅が広がると思い、少しでも学力の高い大学を進学先に考えました。その中で、青山学院大学はパスを繋いで攻めていこうというチーム全体のねらいを練習参加のときに感じたので、いいなと思って選びました。

―大学サッカーに進んで良かったことは?

大学は高校よりも自分の時間が増える分、その使い方次第で良い方にも悪い方にも転んでしまうので、生活のリズムを見直したり、食事について考える時間を増やしました。その結果、より意識高くサッカーのために生活できるようになったと思います。

カテゴリーごとの入れ替わりが多く競争が激しい

―サッカー部の自慢、おすすめポイントは?

学年を超えて全体が仲がいいこと、基本午前練習なので朝は早いですが、午後は自由に時間が使えること。あとは、結構カテゴリーごとに入れ替わりが多いので、競争が激しいのもいいところかと思います。

―大学の自慢、おすすめポイントは?

青山キャンパスの立地の良さです。最寄り駅が渋谷や表参道なので、学校帰りふらっと遊びや買い物に行けます。

成功するかは自分次第、大切なのは大学に入ってから

―最後に、現役高校生に向けてメッセージと大学PRをお願いします!

プロになることや、成功するかは自分次第だと高校の監督に言われて自分は大学を決めました。色々大学選びに迷ってることもあるかもしれませんが、入ってからが大切になると思います。自分が入った青学はみんなサッカーに一生懸命で、監督も選手のことを大切にしてくれるいい大学です!

鈴直樹

高校時代の自分にメッセージやアドバイスを送るとしたら?

大学に進学してサッカーを続ける鈴選手に、高校時代の自分へのメッセージを聞いてみました。
現役高校生は、今の自分と照らし合わせて参考にしてみてください。

サッカー面
もっと海外サッカーや自分のプレーを見て、考えてサッカーできるようにサッカーを勉強してください。フィジカル面など、上には上がいるので、サッカーのうまさで勝負できるプレーヤーになりたいと大学でとても思いました。

生活・勉強面
大学でついていけないので英語だけは基本をしっかりやってください。一人暮らしで食生活に気をつけないといけないので、寮生活で少しでも栄養について学んでおいてください。

進路準備Q&A
大学を決めるのに何校調べた? 3校
大学選びはいつ頃から準備した? 高校2年の3学期くらい

大学サッカープレーヤーの生活に迫る!

大学でサッカーを続けている選手たちは、どんな生活を送っているの?気になるあれこれを聞いてみました。

生活スタイル

住まいは? 一人暮らし
通学は? 電車で50分
起床時間は? 5時30分
就寝時間は? 23時
オフの過ごし方 家でダラダラ

サッカー部について

練習時間は? 朝練
アルバイトは? あり
大学サッカーが気になったら…

※「大学サッカーのすゝめ」は関東大学サッカー連盟のご協力のもと作成しています。記事内で使用している写真は各チームの了承を得た上で、連盟を経由してご提供いただいたものです。

アミノバイタル