RICEの“I”、アイシングの方法 | サカママ メインコンテンツに移動

RICEの“I”、アイシングの方法

アイシングの方法についてご説明します。
用意するものは、いたってシンプル。

①氷(製氷機の氷で大丈夫です。)
②水
③ビニール袋、または氷のう
④バンデージ
この4つ、です。

④バンデージ、は、最近では薬局などでも売られていますし、多くはスポーツショップで見ることが出来ます。
加えて、100円ショップで売られているのを見たこともあります。

また、「スポーツ用 バンデージ」、で検索すると、ネットでも見つけることが出来ると思いますので、お持ちでない方は、是非一度調べてみてください。
家庭に1つ、そしてチームの救急箱に2、3個あるととても便利です。

では方法、です。

①氷を氷のうやビニール袋に入れて、コップ1杯くらいの水を入れ、空気を抜きます。 大人であれば、氷だけで行うのですが、子どもはまだ皮膚が薄く、アイシングにも慣れていないことから、コップ1杯くらいの水を加えるとよいでしょう。
②患部に当てて、バンデージで固定します。
③15分前後アイシングをし、皮膚の感覚がなくなったら氷を外します。
感覚が無くなったらそこで終了です。それ以上行うと、凍傷の危険性があります。
アイシングを取り、1時間、2時間くらいバンデージなどで圧迫&保護し、再度新しいアイシングバッグを作り、冷やします。
冷やす⇒取る⇒バンデージで圧迫⇒冷やす⇒取る⇒圧迫。。。

このサイクルを寝るまで続けます。ただし、寒冷アレルギーの子は、アイシングによってアレルギー反応を起こすこともありますので、初めての際は反応を注意して見てあげてください。

捻挫・打撲の対応方法の基本、RICE
RICEの“C”、コンプレッション(圧迫)の方法