教えて!カントク!シュートJrユースFC(神奈川県)鈴木正治監督 | サカママ メインコンテンツに移動
 

教えて!カントク!シュートJrユースFC(神奈川県)鈴木正治監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

シュートJrユースFC
(神奈川県)
鈴木正治監督

中学年代のサッカー進路はいつ頃から考えるべきでしょうか?

小学5年生頃までには、クラブチームか部活にするのかを決めておいた方が良いと思います。あとは、クラブチームに関しては、どのチームもセレクションによって合否が決まるのが大半だとは思いますが、チームの情報をある程度調査したうえで、本人の力量、プレースタイルに合ったチームを選択していくのが良いと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょうか?

クラブチームの方が部活よりも専門的な指導ができる指導者が多いことと、各カテゴリーでのトレーニングマッチや大会などでの実践の場を多く踏めることだと思います。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

指導者がチームの勝利、結果にとらわれないこと。スキルや発想力など子ども達が秘めている可能性を潰さず、最大限にのばしてあげること。挨拶、ルール、マナー、人とのコミュニケーションの取り方など、日常生活での行いがすべてサッカーにつながることを、サッカーを通じて理解し、行動できるようなサッカーマンの育成を心がけています。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

両立は可能です。時間の使い方と意欲、集中力が大事ではありますが。これは部活でもクラブチームでも同じことだと思います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

保護者の方だけでは子どものサポートが難しい場合、学校(部活)の先生や、クラブチームの指導者に相談し、いっしょにサポートしていくスタンスが良いと思います。子供が自発的に動けるようになる為に、見守るような距離間を意識して接することが大事だと思います。子供に対して頭ごなしに押さえつけるような言動や威圧的な態度は、極力避けたほうがいいと思います。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから