PKに強くなるための3つの方法 その2

PKに強くなるための3つの方法 その2

こんにちは、メンタルトレーナーの清水です。
前回に続き今回はPKに強くなる方法の2回目です。「緊張しても自信を持つには?」というテーマで書いていきたいと思います。

緊張の扱い方のポイントを書きましたが、今回は実際にどのように行動を起こし、自信をつけていくかを書いていきます。自信の作り方については以前も書いたことがありますが、自信を作るために必要なのは「できた」という感情をたくさん味わうことです。
自分に自信のあるものは過去に「よかった!できた!」という自己肯定感を何度も味わっているものだと思います。この自己肯定感こそ自信を作る栄養になります。PKに自信がない人の多くが陥りやすいのが、プレッシャーを感じ緊張して練習のようにうまく蹴れず、蹴ること自体が嫌になってしまうということ。

PKで自分がける番になり、ボールをセットしに行く途中にコーチチームメイト、周りで見ている人が気になりはじめ、うまく蹴ることができないという話はよく聞きます。私がサポートする選手は、本番で練習通り蹴ることができずキーパーに止められてしまい蹴ることが嫌になってしまったようです。彼は自分が思ったように蹴ることができなかったという気持ちを味わい自信を失っていました。

自信を失っているときのPKは何を意識すればよいのか?

このように、本番で思うように蹴ることができない原因の一つに「周囲にどう思われるか?」という評価に意識が向いていることがあります。
例えば就職活動や、受験などの面接で、「どんな質問が来るのか?」「どう見られているか?」ということを気にし始めると、練習のときのようにうまく受け答えができなくなるという経験をしている人は多いです。
そういう時は、周囲からの見え方に意識が向き自分が今何をするべきかに意識が向かなくなることがあり自分の力を発揮しづらい状態になります。
苦手としているPKを蹴るときは同じような状況に陥ることがあるのです。

人間にはコントロールできないものと、コントロールできるものがあります。

本番の試合で自分がコントロールできないもの

●相手や味方、審判など自分以外の人の行動
●自分以外の人の考えていること
●コーチや見ている人の評価
●結果
●感情
●試合会場や、天気などの環境

自分がコントロールできるもの

●自分の行動
●自分の考え方

このように、自分が試合の中でコントロールできるものは意外と少ないのです。
他人の評価に意識が向いているときはなかなか力を発揮することができないのは、コントロールできないものをどうにかしようとがんばってしまうから。感情と同じでコントロールできないものをコントロールしようとするとストレスを抱えたままPKを蹴ることにもなり、行動を起こしづらい状況になってしまします。
さらに今何をするべきかに意識が向かず行動が明確になっていないため、本来の持っている実力が発揮できなくなるのです。

緊張の中で自信を積み重ねる

ではどんなことを意識していけばよいかを書いていきます。
1回目では緊張はコントロールできるものではないので、受け入れていくことが大切だという話をしました。
受け入れたら、次は自分が今やるべきことに目を向けましょう。
具体的に言うと「どこに蹴るか決めて、そこに向けて蹴りこむ。」PKを蹴る本人がコントロールできるのはここまでです。

キーパーがどう動くかはキーパーにしかわかりませんし、どう見られているかは見ている人が決めます。
ですので、自分にはどうすることもできない領域というわけです。PKの待ち時間を使い、自分の蹴る場所を明確にしてもらうことがよいでしょう。結果はうまくいくかはわかりません。ですので、一気に自信をつけることは難しいでしょう。
自信をつけていくには、自分のできる行動を起こして結果を出していき「よし、できた!」という自己肯定感を味わっていくしかありません。

自信を積み重ねるポイントは、狙いや蹴り方など、自分の行動に意識を向けること。そうすることでストレスはなくなり力は発揮しやすくなります。
自信を失っているときはPKを蹴りたくなくなることもあるかもしれませんが、意識することを明確にしてチャレンジを続け「できた」という自己肯定感を味わい自信は作っていってほしいと思います。

PKに強くなるための3つの方法 その1
PKに強くなるための3つの方法 その3

AND MOREあわせて読みたい

うつ伏せで平泳ぎ!背筋運動

うつ伏せで平泳ぎ!背筋運動

編集部

チームの緊急連絡体制は大丈夫?①

チームの緊急連絡体制は大丈夫?①

村田一恵

何より大切な、子どもの命を守る環境を作る、ということ③

何より大切な、子どもの命を守る環境を作る、ということ③

村田一恵

サカママレシピ ―キノコと魚介の中華風スープスパ―

サカママレシピ ―キノコと魚介の中華風スープスパ―

編集部

「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-中国・四国エリア-

「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-中国・四国エリア-

編集部

【サカママ×ユヴェントスアカデミーツアーレポート】サッカーサポートに役立つ7つのヒント

【サカママ×ユヴェントスアカデミーツアーレポート】サッカーサポートに役立つ7つのヒント

編集部

2つの仕事をかけもちしながら、家事、サッカーサポートを両立させるコツは?【サカママワーキングスタイル vol.53】

2つの仕事をかけもちしながら、家事、サッカーサポートを両立させるコツは?【サカママワーキングスタイル vol.53】

編集部

アメリカ少年サッカー記6 家族総出のカップ戦遠征

アメリカ少年サッカー記6 家族総出のカップ戦遠征

近本 めぐみ

速く走るための5つの方法 Lesson5 パワーの源になる!栄養満点おにぎり

速く走るための5つの方法 Lesson5 パワーの源になる!栄養満点おにぎり

編集部

ボール運びのコツを身につけて「だるまさんが転んだ」にトライ

ボール運びのコツを身につけて「だるまさんが転んだ」にトライ

編集部

肉離れからの復帰

肉離れからの復帰

村田一恵

サッカーと勉強、両立できている方法が知りたい!

サッカーと勉強、両立できている方法が知りたい!

編集部

RANKING人気記事ランキング

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。 <br>畑本時央【前編】

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。
畑本時央【前編】

編集部

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

編集部

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

編集部

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

編集部

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

編集部

EVENTこれから開催するイベント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

イベント

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】<br>サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】
サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

イベント

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

イベント