ライフキネティックトレーニング vol.4「エイトウォーク」 | サカママ メインコンテンツに移動

ライフキネティックトレーニング vol.4「エイトウォーク」

イングランドの強豪クラブ、リヴァプールFCのユルゲン・クロップ監督がいち早くサッカーに取り入れ、日本でも密かに注目度が増している「ライフキネティック」。
本連載では、Life Kinetik ACADEMY JAPAN代表を務める出口貴宏さんが、簡単にできるライフキネティックトレーニングを紹介してくれます。 話題のトレーニングを一足先に取り入れて、ライバルに差をつけよう!

ライフキネティックトレーニングで認知・判断能力を伸ばす!

皆さん、こんにちは。Life kinetik ACADEMY JAPANの出口(デグコーチ)です。

スポーツの中には、認知・判断がとても重要な競技が多くありますが、サッカーもその中の一つだと思います。海外をはじめ日本でも、「止める・蹴る・運ぶ」といった足下の技術と同じように、認知・判断がとても大切だと言う声は少なくありません。では、認知・判断の能力を向上させるために最適なトレーニングとは何でしょう??

ライフキネティックトレーニングは、毎回ご紹介しているように、脳トレと運動を組み合わせたトレーニングです。脳へ常に新しい刺激を与えることで脳を活性化させ、神経細胞間にシナプス(新しいつながり)を作り出し、眠っている潜在能力を引き出していきます。もちろん、トレーニング効果には、認知機能の向上も含まれます。(詳しいトレーニング効果についてはvol.1を参照

さらに、ライフキネティックトレーニングは、認知するための相手や味方が必要なく、広いサッカーコートも必要ありません。トレーナーとちょっとしたスペースがあればトレーニングを行えます。トレーニング強度も自由に変更できるので、自分のウィークポイントにフォーカスすることができ、とても効率の良いトレーニングとも考えられるのです。

そして何よりもライフキネティックは楽しみながらできるトレーニングです。失敗してもOK!失敗した時こそシナプスが増大します。さあ、今回もライフキネティックトレーニングを楽しく体験してみましょう!!

実践!ライフキネティックトレーニング『エイトウォーク』

今回紹介するトレーニングは「エイトウォーク」です。名前の通り、マーカーの周りを8の字に歩きながら、指定の動作を行っていきます。数字や色と動作の組み合わせを覚えて、瞬時に反応できるようになるまで練習してみましょう。もちろん、途中で失敗してもOK。止まらずに動き続けることがポイントですよ!

今回のトレーニングのポイント

  • 立ち止まって考えず、動き続けること
  • 間違えても止まらないこと
  • リラックスしながら行うこと
  • 集中して行うこと

※本連載で紹介しているトレーニングは、ライフキネティックの導入編です。こちらのトレーニングを行ってみて、本格的にライフキネティックに取り組んでみたいと思った方は、公認トレーナーの下で直接指導を受けることをお勧めいたします。

WRITER PROFILE

出口貴宏

ドイツ本部公認 ライフキネティックトレーナー
Life Kinetik ACADEMY JAPAN代表

JFA公認C級コーチ、JFA公認フットサルC級コーチ。神奈川、東京のクラブチーム、スクールで多くのジュニア年代の選手を指導。東京都では女子Jrクラブチーム立ち上げや、なでしこサッカー広場を開催し、女子サッカーの普及にも貢献。
現在は、ライフキネティックトレーナーとしてキッズ年代から早期のスポーツ選手のパフォーマンス向上に取り組んでいる他、神奈川県川崎市を中心にライフキネティックアカデミーも開校している。

★ライフキネティックトレーニングに関するお問い合わせはこちら
info@lifekinetik-academy.jp