ライフキネティックトレーニング vol.3「視覚機能トレーニング:目の追跡運動」 | サカママ メインコンテンツに移動

ライフキネティックトレーニング vol.3「視覚機能トレーニング:目の追跡運動」

イングランドの強豪クラブ、リヴァプールFCのユルゲン・クロップ監督がいち早くサッカーに取り入れ、日本でも密かに注目度が増している「ライフキネティック」。
本連載では、Life Kinetik ACADEMY JAPAN代表を務める出口貴宏さんが、簡単にできるライフキネティックトレーニングを紹介してくれます。 話題のトレーニングを一足先に取り入れて、ライバルに差をつけよう!

今回のテーマは、ズバリ「目」!

皆さん、こんにちは。Life kinetik ACADEMY JAPANの出口(デグコーチ)です。

今回ご紹介するライフキネティックのトレーニングは『視覚機能トレーニング』。そう、今回のテーマは、ズバリ『』です。

「あれ…?ライフキネティックって脳を刺激するトレーニングじゃなかったっけ?」と思うかもしれませんが、人間は身の回りの情報の85%を視覚から得ていると言われています。それほど「目」は重要なのです。

サッカーにおいても、周りの状況・情報を目で観て取り入れ、認知していますよね。その「目」を今以上に機能させることができればどうなるでしょうか? パフォーマンスアップに繋がりそうですよね。

「視覚機能トレーニング」はサッカーだとどんな場面で役立つの?

クロスボール(センタリング)が上がってきた時、しっかり目でボールを追う事(追跡)ができていないと、最後のシュートでボールの中心に焦点を合わせてミートすることが難しくなります。そうなると、シュートをGKにキャッチされてしまったりして、中々ゴールに結びつきません。

このようなプレーの改善に繋がるのが、ライフキネティックの『視覚機能トレーニング』です。今回はその中から、『目の追跡運動』を紹介します。バシッ!とシュートを決められるように、ぜひ実践してみてくださいね!

実践!ライフキネティックトレーニング『目の追跡運動』

動画内では私が指示を出していますが、保護者の方に指示を出してもらったり、お友達同士で交代に指示出し役をして、色々なパターンにチャレンジしてみてくださいね。

手や足と同じように、目にも「利き目」がある!

目には手・足と同じように、利き目があるのはご存知ですか? 多くの方は左右の目の内、利き目しかほとんど使えていないと言われています。ですが、利き目しか使えていないと、サッカーではちょっとした不都合も…。ライフキネティックの考案者である、ホルスト・ルッツ氏の著書からその例をご紹介します。

例えば左目が利き目であるサッカー選手の右側にセンタリングが上がってきたとき、その選手はボールの軌道を正確に推測するために、顔を右に大きく回さなければいけなくなります。身体も顔に合わせて右へ向くので、ボールを受ける本来の態勢を保てなくなり、ヘディングをしても失敗に終わってしまうでしょう。
【ダイヤモンド社:Life Kinetik 脳が活性化する世界最先端の方法(ホルスト・ルッツ)より引用】

つまり、利き目だけではなく、両方の目を同じように使えれば、サッカーでも有利に働く可能性が高いということ。以下の方法で利き目が調べられるので、ぜひ両方の目を上手く使えるように意識してみてください!

利き目の調べ方

 
部屋の中で目印を一つ決める。
 
腕をいっぱいに伸ばして、目印が中心にくるように両手で三角形を作る。
 
三角形を3cmくらいに縮める。
 
目印を見たまま、手を自分の方に近づけていく。
 
手を顔に近づけていき、最後に三角形がくっついた方の目が効き目。

※本連載で紹介しているトレーニングは、ライフキネティックの導入編です。こちらのトレーニングを行ってみて、本格的にライフキネティックに取り組んでみたいと思った方は、公認トレーナーの下で直接指導を受けることをお勧めいたします。

WRITER PROFILE

出口貴宏

ドイツ本部公認 ライフキネティックトレーナー
Life Kinetik ACADEMY JAPAN代表

JFA公認C級コーチ、JFA公認フットサルC級コーチ。神奈川、東京のクラブチーム、スクールで多くのジュニア年代の選手を指導。東京都では女子Jrクラブチーム立ち上げや、なでしこサッカー広場を開催し、女子サッカーの普及にも貢献。
現在は、ライフキネティックトレーナーとしてキッズ年代から早期のスポーツ選手のパフォーマンス向上に取り組んでいる他、神奈川県川崎市を中心にライフキネティックアカデミーも開校している。

★ライフキネティックトレーニングに関するお問い合わせはこちら
info@lifekinetik-academy.jp