GK TECHNICAL 横からの低いクロス対応 | サカママ メインコンテンツに移動

GK TECHNICAL 横からの低いクロス対応

シュートセーブの際に必要な技術を身につけるためのメニューを紹介する同シリーズ。
ゴール前に侵入され、サイドからシュートもしくはクロスが上がったとき、セーブするのか、それとも飛び出すのか。判断力を養うトレーニング。

図

サイドからの低いクロスに対して、GKがどのようにプレーを選択するかの判断力を養うメニューを紹介。正規のゴールと、ポストとコーンの2つのゴールを守る意識を持つこと。パターンABは、ポストとコーンの間をボールが通過してしまうと、ファーで相手に合わせられて、守るのが難しくなる。そのため、GKはまずはクロスに対して、キャッチできるかを判断。優先順位はキャッチだが、セービングしてもボールに触れないようであれば、無理に飛び出さない。倒れると、セカンドボールの対応が遅れてしまうからだ。キャッチはできないが、相手が近くにいる場合は距離を詰めてブロック。その基準は0~3m。パターンCの場合、重要なのは相手選手の人数と動きを想定すること。事前に中の様子を確認し、構えることも忘れないようにしよう。

PATTERN A・B クロスをセーブ

GK TECHNICAL
GK TECHNICAL
GK TECHNICAL
GK TECHNICAL

FWがボールをコントロールしたらスタート。
ボールが蹴られる前に準備を完了させておく。
or ボール方向に対してセービング。

PATTERN C シュートブロック

GK TECHNICAL
GK TECHNICAL
GK TECHNICAL
GK TECHNICAL

FWがボールをコントロールしたらスタート。
ボールが蹴られる前に準備を完了させておく。
ボールがコーンに当たる前に寄せる。
当たるタイミングでブロックの姿勢になる。ボールを奪いに行けるのか、コーンに当たるのかをしっかり判断。試合ではコーンの場所に相手FWが入ってくるイメージ。

プチトレ ブロックの練習

GK TECHNICAL
GK TECHNICAL
GK TECHNICAL

GKはFWの合図で反転。同時にFWはどちらかに身体の向きを作る。
GKはFWがシュートを打つ足によって足を曲げる方向を変える。自分のブロック姿勢を毎回確認すると、実践でより良い姿勢が身につく。

uhlsportの最新商品情報はこちら