GK TECHNICAL ハイボールの処理 | サカママ メインコンテンツに移動

GK TECHNICAL ハイボールの処理

シュートセーブの際に必要な技術を身につけるためのメニューを紹介する同シリーズ。
安定感のあるGKの特徴として挙げられるのが「クロスボールを処理する能力」。
今回はハイボールのキャッチング強化につながるトレーニングを紹介。

ハイボールのキャッチング強化につながるトレーニング

安定感のあるGKの特徴として挙げられるのが「クロスボールを処理する能力」にある。
今回は、クロスを安全確実に処理する「ジャンプキャッチング」について紹介する。まずは、クロスが上がった瞬間に、ボールの落下地点を見極めよう。自らが処理する場合は、「キーパー!!」とコーチングし、周囲に知らせる必要がある。それは同時に、味方に対して以下の3つを意識させることができる。

①GK が飛び出した後のゴールをカバーさせる、
②ヘディングを狙う相手をブロックさせる、
③味方FWにカウンタ ーの準備を促す。

ここで最も意識してほしいのは、「いかに力強く、相手よりも前方かつ高いところで処理できるか」。大切なのは、素早く落下地点を見極め、最初の1歩をジャンプキャッチしたい場所への最短距離上に踏むこと。そして、最短で移動し、ボ ールにアプローチするタイミングで片足ジャンプする。また、相手が飛び込んでくる反対の足で踏み切り、逆足は曲げて相手をブロックする。腕はできるだけ伸ばし、斜め上方でキャッチングしよう。処理地点に早く入りすぎてしまうと、両脚ジャンプになり、ファンブルの原因にもなるので注意したい。

LESSON1ハイボールを両手で止まってキャッチ

落下地点の見極めと上半身の使い方を習得。パートナーが上に蹴ったボールに対し、瞬間的に落下地点を見極め、最短距離でキャッチングポイントへ移動。キャッチするタイミングで腕を上げ、ボールの下を身体の中心軸上で捉える。キャッチしたとき、その場から動かない意識で行うと、より正確なキャッチを身につけられる。

LESSON2座った状態でキャッチング

この練習では飛び込んでくる相手を空中でブロックする脚の上げ方を習得する。パートナーはGKの身体の中心軸上にボールを投げる。GKはキャッチングするタイミングで腕と片脚を出す。このとき、真っ直ぐに足を出すのではなく、少し開いて出すと相手は飛び込みにくくなり、よりキャッチングに余裕が生まれる。

LESSON3ハイボールをジャンピングキャッチ

LESSON1と2を組み合わせて、蹴られたボールをジャンプしながらキャッチする。落下地点を見極め、最短距離で移動する。ボールに力強くアプローチするため片脚を踏み切るタイミングを合わせ、ボールの中心軸上でキャッチを安定させる。目線は両手人差し指と親指の間からボーを見て、できるだけ両脚で着地することを意識しよう