GK TECHNICAL シュートへの正しいポジショニング(基礎編) | サカママ メインコンテンツに移動

GK TECHNICAL シュートへの正しいポジショニング(基礎編)

シュートセーブの際に必要な技術を身につけるためのメニューを紹介する同シリーズ。
今回は、ポジショニングと足の運びについて

ゴールを守るには、まず良いポジションを取ることが重要。LESSON1では、その良いポジションについて解説する。素早く優れたポジションに着ければ、相手のシュートコースを限定したり、ボール処理の可能性を高くすることができる。
次に「足の運び」については、LESSON2でシュートに対して一歩足を運ぶトレーニングを紹介する。足を運ぶと対応が間に合わないと思い、蹴られたボールに対して瞬間的に飛んでしまうことが多いのだが、そこで「もう一歩足を運んだほうがシュートを防げる」という感覚を身につけることがこの練習の目的だ。

LESSON1 シュート時の正しいポジショニング

良いポジションとこはどこなのか。それは、「ボールと両ゴールポストを線で結び、それを二等分した線上で、かつループシュートにも対応できる位置」。ただし実践では、ボールに対してPKマークやニアポストを基準にポジションを取るため、確認する時間がない。そのため練習中に、誰かにポジションを確認してもらい、正しい位置を身体に染み込ませる必要がある。

  • 写真A
  • 写真B

写真Aは二等分した線上に立っており左右均等な位置にいる。一方、写真Bは二等分線上から一歩だけ(GKから見て)左にずれた位置に立っており、ニアが空いているのが分かる。
サイドにボールがある時などは目印が少ないので、その都度、ボールの位置と自分のポジションを「感覚」として身につけていくしかない。

LESSON2 シュートに対してもう一歩足を運ぶ動き

この練習の目的は、「足を運ぶことで、意外とボールに触れる」という感覚を身につけること。試合中、「もう一歩足を運べば対応できた」というシーンは山ほどあるが、それを感覚として養えていないGKが多い。この感覚を身につけることで、たとえ足を運べずとも失敗の原因を認識することができてくるはずだ。

キッカーはPKマークにボールを置き、左右どちらかのコースにシュートする。シュートスピードが早すぎると足を運ぶ時間がなくなってしまうので、シュートスピードを調節しながらトレーニングしよう。

【足を運ぶことができている場合】

【ボールに対してすぐに飛んでしまう場合】
蹴られたボールに対して、GKがすぐに飛んでしまうと手が届かず、サイドネットにシュートが入ってしまう。