【サッカーの続け方】松岡翔太(ビーチサッカー日本代表)

【サッカーの続け方】松岡翔太(ビーチサッカー日本代表)

CASE ビーチサッカー日本代表

サッカーに関わる仕事を紹介するこのコーナー。今回はビーチサッカー日本代表でプレーする松岡選手にお話を伺いました。選手生活とスポーツブランド代表という2つの顔を持つ松岡選手。その原動力は、サッカーに対する純粋な想いにありました。

松岡 翔太

松岡 翔太
まつおか しょうた

●1989年9月22日生れ、熊本県出身。大津高校サッカー部でプレーし、高校卒業後にJAPANサッカーカレッジサッカー専攻科に進学。アルビレックス新潟シンガポールでプレーし、ビーチサッカーに転向。アグレッソ山口(2011-2012)、東京レキオスBS(2012-2016)、アヴェルダージ熊本BS(2017-)でプレーし、2018年にはビーチサッカー日本代表に初選出された。182cm、75kg。

「夢を諦め切れなかったからこそ、ビーチサッカー日本代表になれた」

JAPANサッカーカレッジで、サッカーに対する視野が広がった

──サッカー歴について教えてくさい。

「兄の影響で小学生から始め、地元の強豪である大津高校に一般入試で入りました。サッカー部は“年中夢求(ねんじゅうむきゅう=夢を求める)”をコンセプトに掲げ、365日サッカー漬けの毎日でした。プロが夢だったので、どんなに練習が辛くても、辞めたいと思ったことはなかったです」

──高校卒業後の進路は考えていましたか?

「トップチームに入れなかった自分が、どうやったらプロになれるかを考えていました。そこで友人からサッカーの専門学校『JAPANサッカーカレッジ(JSC)』の存在を教えてもらい、『行くしかない!』と思いました。サッカー専攻科で1年間過ごし、2年生から2年間、アルビレックス新潟シンガポールでプレーしました。そもそも海外は初めてだったのですが、多国籍の選手が集うリーグで、サッカーはもちろん、いろんな文化に触れ、非常に濃い時間を送ることができました。チームメイトにはJのクラブから移籍してきた選手もいましたし、プロ選手としての考え方を学ぶことができました」

──視野が広がったということですね。

「そうですね。それから国を問わずにチャレンジしようと思い、タイのトップリーグを含む5チームのプロテストに参加しました。しかし結果は伴わず、資金を貯めるために一時帰国した時に、『ビーチサッカー』に出会ったんです。大津高の先輩から『トレーニングの一環としても良いから!』とチームに誘われて、そこで出場した大会をきっかけに入団が決まりました。オファー自体も当然嬉しかったのですが、何よりビーチサッカーという競技の魅力にハマりました。5vs5のコートは38mとコンパクトで、DFをやってきた僕がガンガンシュートを決めることもできる。サッカーのあらゆる要素が詰まっていて、もう虜でしたね」

サッカーの続け方
アヴェルダージ熊本BS、そして日本代表で守備の要としてプレー。「ビーチサッカーとの出会いで人生が
変わった」という松岡選手は「一人でも多くの方にビーチサッカーを見てもらいたい」と語る。

念願の日本代表初選出。涙する妻を見て喜びを実感

──ビーチサッカーのリーグ構成はどうなっているのでしょうか?

「日本一を決める全国大会と、1年を通して各地域でリーグ戦を行い、地域代表による年間1位を決めるチャンピオンシップが主な大会です。山口、東京で計6年プレーし、2年前から地元でもあるアヴェルダージ熊本BSに入団しました。昨年は念願でもあった日本代表にも選出されました」

──日本代表に選ばれた瞬間は?

「僕よりも中学校からの同級生である妻が喜んでくれました。大津高で試合にも出られず、陽の目を見ることがなかった僕のサッカー人生を、誰よりも支えてくれた妻が泣いている姿を見て、『やっと恩返しができたんだ』と思いました」

──2011年には自身のスポーツブランド「EVOLE(エボレジャパン)」も設立されていますね。

「21歳で起業して8年目です。どうせ仕事をするなら好きなことをしたいと思い、服飾の知識もなかったのですが、デザインから販売まで全部自分で手掛けました。人とのつながりがコンセプトにあり、これまで関係してきたサッカーを中心に、野球、バレーと、競技を問わず新しい商品が生まれています」

──何が原動力となって、ここまで選手活動を続けて来られたと思いますか?

「僕はサッカーでトップになれなかったからこそ、夢を諦め切れなったんだと思います。1月のブラジル遠征を終え、ラモス瑠偉監督からは、刺激を受け続けています。今は日の丸を背負い、新たな夢に向かって突き進みたいと思っています」

松岡さんから高校生へのアドバイス

「大津高校の平岡和徳総監督からいただいた3つ格言『24時間をデザインする』、『コツコツが勝つコツ』、『凡事徹底』を胸に日々を過ごしています。平等に与えられた時間を自ら設計し、日々の積み上げを大切に、当たり前の質を上げていく。みなさんも1日を無駄にせず夢に向かって頑張ってください!」

AND MOREあわせて読みたい

【フィジカルトレーニング ~vol.02~】正しく、速く走るための股関節周りの強化

【フィジカルトレーニング ~vol.02~】正しく、速く走るための股関節周りの強化

編集部

【全国注目校FILE】作陽高校(岡山)卓越した組織力で23回目の総体へ挑む

【全国注目校FILE】作陽高校(岡山)卓越した組織力で23回目の総体へ挑む

石倉 利英

カラダとココロに栄養を

カラダとココロに栄養を

硲本 麻由

JICAボランティア(青年海外協力隊)のサッカー隊員が感じた南米ボリビア ユース事情~第5回~

JICAボランティア(青年海外協力隊)のサッカー隊員が感じた南米ボリビア ユース事情~第5回~

森下 徳顕

阪南大学高校(大阪/私立)関西唯一のプレミア参戦チーム トップレベルの環境を成長につなげる【全国強豪校REPORT】

阪南大学高校(大阪/私立)関西唯一のプレミア参戦チーム トップレベルの環境を成長につなげる【全国強豪校REPORT】

編集部

【全国注目校FILE】広島皆実(広島)持ち味の『堅守強攻』で3年ぶりのインターハイへ

【全国注目校FILE】広島皆実(広島)持ち味の『堅守強攻』で3年ぶりのインターハイへ

石倉 利英

永田一真(岡山学芸館高校)中国新人戦4戦5発で優勝に貢献 抜群の決定力を持つ万能型【選手PICK UP】

永田一真(岡山学芸館高校)中国新人戦4戦5発で優勝に貢献 抜群の決定力を持つ万能型【選手PICK UP】

編集部

【体幹の鍛え方 ~vol.03~】プレーに生かせる立ち姿勢のトレーニング[応用編]

【体幹の鍛え方 ~vol.03~】プレーに生かせる立ち姿勢のトレーニング[応用編]

編集部

JICAボランティア(青年海外協力隊)のサッカー隊員が感じた南米ボリビア ユース事情~第4回~

JICAボランティア(青年海外協力隊)のサッカー隊員が感じた南米ボリビア ユース事情~第4回~

森下 徳顕

JICAボランティア(青年海外協力隊)のサッカー隊員が感じた南米ボリビア ユース事情~第3回~

JICAボランティア(青年海外協力隊)のサッカー隊員が感じた南米ボリビア ユース事情~第3回~

森下 徳顕

GK TECHNICAL シュートへの正しいキャッチとセービング

GK TECHNICAL シュートへの正しいキャッチとセービング

編集部

【第97回高校サッカー選手権】優勝校・青森山田「苦難を乗り越え2度目の優勝を果たした青森山田の真価」

【第97回高校サッカー選手権】優勝校・青森山田「苦難を乗り越え2度目の優勝を果たした青森山田の真価」

編集部

RANKING人気記事ランキング

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

編集部

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

編集部

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。 <br>畑本時央【前編】

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。
畑本時央【前編】

編集部

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

編集部

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

編集部

EVENTこれから開催するイベント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

イベント

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】<br>サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】
サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

イベント

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

イベント