サカママレシピ ―照り焼きチキンと長いものスタミナ丼― | サカママ メインコンテンツに移動

サカママレシピ ―照り焼きチキンと長いものスタミナ丼―

食欲のすすむ甘辛味の照り焼きチキンは鉄板の味。丼にするとごはんもすすみます。消化を促し、滋養の高い長いもをプラスすることで、翌日の試合のパフォーマンスのアップを期待します!

照り焼きチキンと長いものスタミナ丼

材料2人分

鶏もも肉 1枚(300~350g)
長いも 5cm
エリンギ 1本
しょうゆ 大さじ1.5
みりん 大さじ1.5
砂糖 小さじ1
ごはん・海苔・葱 お好み

作り方

① 鶏もも肉は一口大のそぎ切りにして小麦粉を全体にまぶします。長イモは皮をむいて1cm弱の輪切りに、エリンギは半分の長さに切り、薄切りにします。
➁ フライパンに油を熱して、長イモ、エリンギをこんがり焼き色がつくように焼いて、取り出します。
③ 同じフライパンに、鶏もも肉を皮目を下にして中火で焼き、火がほぼ通ったら、長いも・エリンギを戻しいれ、合わせた調味料を加えます。強火にして全体を絡めます。
④ 器に盛ったご飯に、海苔を散らしてその上に盛りつけます。上からタレをかけて、葱を散らして出来あがりです。

ポイント

試合前の食事は糖質を多く摂る必要があります。いつもの甘辛味は、安心できる味。 鶏肉はそぎ切りにすることで、火を通しやすくし、小麦粉をまぶすことで口当たりが柔らかくなります。  鶏肉から出てくる油は、ペーパータオルで拭きながら焼いてくださいね♪ 長いもは火を通すと食感もかわり楽しめます。ごまや温泉卵等をトッピングすると、栄養価もアップ。お好みでアレンジしてみてください。