大会注目のタレントを公開! 2018年度逸材GALLERY(MF) | サカママ メインコンテンツに移動

大会注目のタレントを公開! 2018年度逸材GALLERY(MF)

総体での活躍はプロへの扉を開く大きなチャンスだ。

ここで紹介する11人の逸材たちから、新たなプロ内定選手が出現しても何ら不思議ではない。

「大会の主役」になり得る俊英たちの活躍に注目だ!

MF

西川潤(桐光学園/2年)

U-16代表エース、待望の全国舞台へ

U-16日本代表のエース。中村俊輔も背負った名門の10番を1年時から背負うアタッカーは長身とスピード、キープ力も兼ね備える逸材だ。高校進学後初となる全国舞台で大暴れする。

有馬大勢(星稜/3年)

MF本田圭佑の系譜受け継ぐレフティー

ワールドカップで3大会連続弾を決めた先輩MF本田圭佑と同じレフティーの10番。東京Vの育成組織出身で、テクニカルなドリブルでマークを外し、左足のファインショットを叩き込む。

佐野海舟(米子北/3年)

ヘッド、回収力抜群の実力派ボランチ

プレミアリーグ選抜にも選ばれている実力派ボランチはサイドへ精度の高いボールを配球し、自ら点も獲る。特に注目は守備力の高さ。空中戦で強さを発揮し、的確にセカンドボールを回収。

檀崎竜孔(青森山田/3年)

先輩MF柴崎岳と同じ10番、主将

ロシアワールドカップで大活躍したOB、MF柴崎岳と同様、北の名門の10番と主将を担う。左サイドでの縦突破、クロスに加え、ゴール前に飛び込んで仕留める力も魅力のサイドアタッカーだ。

福島隼(大津/3年)

“公立の雄”大津に欠かせないリーダー

ともにU-18代表のCB吉村仁志とFW水野雄太に注目が集まるが、最も欠かせない存在は彼だろう。タフに動き回ってボールを奪い、散らす。2年時から“公立の雄”のキャプテンマークを巻く。

GK,DF編はこちら

FW編はこちら