メインコンテンツに移動

夏本番、その前に、熱中症対策を!

6月なのに、もう熱中症の話?!と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、実は真夏の時期同様、梅雨の時期にもスポーツ活動中における熱中症は多発しますので、注意が必要です。
また、本格的に暑くなる前、のこの時期から行っておくと良い事、もありますので、是非早め早めの対策で、この夏を乗り切っていきましょう。

まずは熱中症、について学んでいきましょう。
熱中症、には大きく分けて4つの症状があります。
熱失神、熱けいれん、熱疲労、そして熱射病、です。

熱失神の主な症状としては、

めまい
失神
立ちくらみ

です。通常、症状は一時的で、脳への血流不足が原因のため、足を高くして寝かせることで症状は回復します。

熱けいれんの症状は

筋肉痛、筋肉の硬直

です。筋肉痛、イメージとしてはふくらはぎかな?と思われるかもしれませんが、必ずしもふくらはぎにのみ症状が出るわけではありません。
原因は体内の塩分バランスの欠如、なので、対応としてはスポーツドリンクや経口補水液を補給することで回復します。

この熱失神や熱けいれんは、症状が軽いうちに早めに対応すれば、症状は次第におさまりますが、さらに症状がすすんでしまうと、熱疲労を引き起こすため、注意が必要です。