メインコンテンツに移動

監督の評価が気になって思い切ってプレーできない時の声掛け方法

こんにちは、メンタルトレーナーの清水です。
今回は評価が気になっているときに起こりがちな、思い切ったプレーができないときの声かけ方法を考えていきます。
監督やコーチからプレッシャーをかけられることは当たり前にあります。
そんな時起こりがちなのが、ミスを気にしていつものように思い切ったプレーができなくなること。こんな時はどんな声かけ方法が効果的なのでしょうか?

意識をどこに向けるか?

監督の声が気になってミスを恐れているときは、「評価を下げないようにプレーしよう」「怒られないかな…」など、意識がピッチの外に向いていることが多いです。
そうすると実際に評価を上げる要因になる自分自身のプレーに意識が向かなってしまいます。
これは今やるべきことが整理されていない状態です。

のびのびとサッカーをやっているときはピッチ外に意識は向かず、自分がやるべきことに意識が向いている方が多いと思います。評価を動かそうとしてミスを恐れ始めると、実際にどうプレーして評価を上げるかが明確ではなくなってくるのです。
この状況に陥る原因としては、監督の声によって動揺が生まれたり「やばい」という気持ちに巻き込まれてしまうことがあげられます。

こんな時のためにできることは、体だけではなくメンタル面もウォーミングアップをしておくこと。試合前や、前日に、監督からプレッシャーを感じた時の対策をねっておきましょう。
大切なのは自分のやるべきことを明確にすることです。
そうすることで、こういう状態になったらこういうプレーを意識するんだという準備ができ、とっさに起る「やばい」にも対応することができるようになります。

ぜひメンタルのウォーミングアップも取り入れてみてください!

合わせて読みたい

  • 睡眠で読み解く!思春期の心の不安定さのナゾ
  • アフターコロナにむけて、今ママが出来ること
  • 判断能力にも影響?!受験の総仕上げは睡眠で
  • 目標達成も睡眠次第?!意志の強さと睡眠の関係
  • 【サカママ耳より情報】「睡眠負債」は寝だめでは返済できない!?『賢者の快眠』プレスセミナーをリポート!
  • お昼寝は効果なし!? 熱中症と睡眠の深~い関係

関連記事

  • 【期間限定】soccer MAMA バックナンバー公開(vol.5 - 12)
  • 中学年代に向けての選択肢
  • 【大槻邦雄の育成年代の「?」に答えます!】親子トレーニングで大切なことは?
  • 【期間限定】soccer MAMA バックナンバー公開(vol.13 - 20)
  • 睡眠で読み解く!思春期の心の不安定さのナゾ
  • 【期間限定】soccer MAMA バックナンバー公開(vol.21 - 28)