第4回『単なる役職ではない! スポーツや普段の生活で持つべきリーダーシップとは?』 | サカママ メインコンテンツに移動
第4回『単なる役職ではない! スポーツや普段の生活で持つべきリーダーシップとは?』

第4回『単なる役職ではない! スポーツや普段の生活で持つべきリーダーシップとは?』

皆様こんにちは! 元なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)でゴールキーパーコーチの秋山智美です。
今回は『リーダーシップ』についてお話ししたいと思います。秋山のリーダーシップとは!? と聞かれたら、『それは一生のテーマです』と話すと思います。なぜならば、『何を決めるのも最終的には自分自身』と教わってきたからです。

けれど振り返るとそうですよね?
赤ちゃんの頃はお母さんが、お父さんが…と大人の方に手伝ってもらっていたと思いますが、ある程度わかってきた頃から自分でやる! と自我がでてきますよね。親、監督、コーチ、キャプテンがリーダーではなく、自分自身がリーダー! と考えながらプレーをしていくことがチームプレーではとても大事なのではと思います。

リーダーシップとは何なのか!?

これは『導く、生みだす』という意味があります。私自身、キャプテンを経験したことがありますが、その時は4つのポイントを意識していました。

  • 1つ目は、目標に向かって挑戦し続けること、その姿勢を貫くこと。
  • 2つ目は、仲間の話を聴くこと。
  • 3つ目は、上から偉そうにするのではなく、同じ目線、同じ立場に立つ努力をすること。
  • そして4つ目は、仲間の良いところを見て、長所を伝えていくこと。短所をいつの間にか長所になっていた! と導けるようにすること。

この4つは今の仕事や子育てにおいても必ず意識しています!高校時代は3年間しかなく、サッカーができる時間も短いですよね。その3年の間に絶対全国にこの仲間と行く! と強く決めていたからこそ、ブレずに毎日頑張れたのかもしれません。いろいろとありましたがその結果、仲間を全国に導けたのかもしれませんね。

 

真のリーダーは1000人の人の下に心を引くこと

これは尊敬できる方から学ばせていただきました。実際にやってみていただきたいのですが、紙とコップを使ってコップを動かして見てください!! と言われた時に、コップの上に紙を置いて紙を動かしてもコップは動きませんよね?けれどコップの下に紙を置いて紙を動かすとコップが動くのです!

これだよ! と教わった時、若かった私には意味がわかりませんでしたが(笑)徐々にわかるようになりました。あっ、なるほど! 上から何かを言っても響かないんだな! とわかった時がありました。

そこからGKのコーチングの質が変わってきました。質が変わると選手たちが聞く耳を持ち、コミュニケーションがとれる時間が増え、お互いに会話のキャッチボールができるようになっていった時に失点が減っていたんです!!聴くことで相手の立場に立ちやすくなります。そうすると寄り添うことができ、オープンマインドに導いてあげられます。その結果、チームワークが良くなっていくのではないかと思います。

 

がんばるのではなく寄り添う

真のリーダーとは、マイナスの人をもプラスに変えられる人。どうしたら変えられるか、それは相手を変えるのではなく自分が変わることとお聞きしました!この話は子育てにもとてもつながっているなと毎日母ちゃん感じています!これが私のリーダー像です。

先日、神奈川県の日大藤沢高校さんの先生や選手とお話をさせていただきました。実際に選手たちがどのようにリーダーシップを発揮しているのか選手に聞いてみると、「先生の姿勢やさりげない言葉、想いが元になっている」のだそうです。それを聞いた時、先生も素晴らしいけどそれを感じる選手たちもすごいなと思いました。

今年は元旦から悲しいことがありましたが、星稜高校の応援に駆けつけた日大藤沢がメディアで話題に上がっていましたね(年末年始に行われた全国高校サッカー選手権で、石川県代表の星稜高校の応援団が現地から来ることができず、すでに敗退が決まっていた日大藤沢の選手たちが応援に駆けつけていた)。実は他の学校も応援に来ていたことはご存知でしょうか?

名古屋高校(愛知県)、仙台育英高校(宮城県)、岡山学芸館高校(岡山県)の選手たちも応援に駆けつけてくれていました。強いチームほど、選手一人ひとりがリーダーシップを持っている傾向にあるのではないかと思います。

次回は『コミュニケーション』についてお話ししたいと思います。

WRITER PROFILE

秋山智美
秋山智美

2001年に本庄第一高等学校から田崎ペルーレFC(現TASAKIペルーレFC)でプレー。U-19日本代表として第一回アジア大会優勝を経験し世界大会にも出場。2006年には、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)にも招集。同年に現役を引退し、2008年から尚美学園大学女子サッカー部のGKコーチ、2021年以降は東久留米総合高等学校女子サッカー部、十文字学園女子大学サッカー部のGKコーチとしても活動中。