教えて!カントク!長浜フットボール&アスレティック・クラブ(滋賀県) 河端隆志監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!長浜フットボール&アスレティック・クラブ(滋賀県) 河端隆志監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

 

長浜フットボール&アスレティック・クラブ
(滋賀県)
河端隆志監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

強いクラブに行くということが日本では当たり前のようになっていますが、それは違うと思います。例えば、オランダでは指導方針が国としてあるので、どこで習っても一緒なんですよね。
ですので、強いクラブを求めていろいろ検討するよりは、地元のクラブで続けていけることがいいのかと思います。その延長線上に大人のクラブがあるといいですね。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

無理にクラブにこだわるのではなく、部活動でもいいのではないでしょうか。クラブ、部活、どちらであっても、スポーツとはなんであるかをフットボールを通して教われる環境があればいいと思います。ですが、そのためには指導者が重要とも言えます。中学年代はユース年代に繋がる最後の大切な育成年代です。出口像をしっかりと持った指導体制があり、一貫指導ができればクラブの良さに繋がるかもしれませんね。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

小学校から中学校、そして高等学校と、社会人に向けて自立することを教わっているのですから、自立の練習をしているお子さんを如何に見守るかという事を保護者も一緒になって成長する必要があります。勝敗に拘ったりしてはいけないですね。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

出来なければする意味がないですね。当たり前のことです。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

15歳の出口に身に付けなければならない「パーフェクトスキル」を体得することです。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから