教えて!カントク!ディアブロッサ高田FC(奈良県)西岡一也監督 | サカママ メインコンテンツに移動
 

教えて!カントク!ディアブロッサ高田FC(奈良県)西岡一也監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

 

ディアブロッサ高田FC
(奈良県)
西岡一也監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

6年生ぐらいからでいいと思います。それくらいの時期までは、子どもたち自身が自分の進路のことをそれほど考えているようには思いません。なので、子どもたちの考えが具体的になる6年生からでもいいのではないでしょうか。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

指導が勝利一辺倒にならず、選手の育成面を考えている点は、クラブの方がより個を伸ばしやすいのかなと思います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

選手と保護者の距離感は大切です。近づきすぎず離れすぎず。選手が自らサッカーに取り組みたいと思える環境づくりが重要です。過度の期待や無関心はあまりよくないと思います。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

両立している選手はたくさんいます。サッカーのプレーが向上する選手はだいたい勉強も向上しています。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

個々の技術面の習得と自分で考える力を養う時期だと思いますので、そういった点を大切にしています。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから