メインコンテンツに移動
先月、船橋市教育委員会主催の「学校給食展」で成長期のアスリートの栄養について講演をさせていただきました。先月、船橋市教育委員会主催の「学校給食展」で成長期のアスリートの栄養について講演をさせていただきました。

【食+アスリートとして花咲くためにとっても大事なこと】

先月、船橋市教育委員会主催の「学校給食展」で成長期のアスリートの栄養について講演をさせていただきました。

こちらです

こちらです

300名以上の皆様にお越しいただき、ジュニアアスリートの食育の大切さをお伝え出来たことに感謝です。

毎回アスリートフード講座の時にお話させていただいている、とっても素敵なストーリーをその時も最後に披露させていただきました。

こちらです

『アスリートとしてヒマワリのように花開くには。
生まれ持った才能だけでは、その子は開花しません。

その花を支える「土」が一番大切。
この「土」は栄養と休養に当たると私は思うのです(自己管理能力とも言えますかね)。
では、栄養と休養が十分で自己管理できているなら、それで立派なアスリートなのか?
もちろんそんなことは、ありません。

例えば、厳しいトレーニング。
これを突破できなければ、人より上に行くのは、まず難しい。
この「トレーニング」は、例えるとすれば「水」になるでしょうか。

そしてもう一つの絵、太陽。
いつも一歩上から俯瞰して選手を見守り、時には暖かく、時には厳しく照り付ける…理解あふれる保護者や指導者。

「土」「水」「太陽」
この中の、どの要素が欠けても立派なアスリートには育ちません。

 

そして。
土と言うのは、間違いなく漢字ですが。
数学の記号に二つに分けられるの、わかりますか?

プラスとマイナスですよね。
プラスがよいこと、マイナスが悪いこと。

どうしても選手も保護者も指導者も。
プラスの輝かしい要素だけ、ほしくなりがちですが。
このマイナスの部分がなければ、プラスは大きくなればなるほど、いずれ倒れてしまいます。

つまり、試合に出してもらえなかったり、ケガや故障を経験したり、コーチや親との衝突があったり。
こんな厳しい困難を経験してきた選手こそ、大きく花開いていくのだと信じています。
決して順風満帆にはいきません』

 

子供は未来の日本の宝です。
ぜひ、食育外の分野でも私たち大人が。
時には厳しく、時には悪いところをスルーして見守りながら育てていくのが、本来の子育ての形なんだとなーと。
このような大切なことを再認識できたこの講演と、母にとっては全く未知の世界を見せてくれた息子のサッカーに改めて感謝の気持ちが沸き上がりました。

 

私のつたないお話を最後まで聴いて下さったみなさま、本当にありがとうございました。
これからも、少しでもアスリートを支える方々のお役に立てるよう、頑張ります!

WRITER PROFILE

林 葉子
林 葉子
長男のサッカーが本格化し、2017年にアスリートフードマイスターを取得。高校で英語を教えながら、自宅英語サロンとアスリートフード講座&ランチ交流会を運営。その集客経験を活かし、女性起業家のための集客ブランディング相談を行っている。一眼レフの技術を駆使した動画撮影/編集クリエイターとしても活動中。 ★アメブロはこちら

関連記事

  • 小6の決断
  • 子供の自立を促すには放置!?
  • サッカー王国静岡生まれジュビロ育ち 「お父さんってサッカー選手なんでしょ?」の葛藤。
  • 試合連戦の日のお弁当、どうする?
  • イギリスサッカー便り【我が家の移住にまつわるお話】
  • キッズには体幹の強化!そしてママ・パパにはダイエット効果があるトレーニング!!