メインコンテンツに移動

サカママをもっと楽しむための5つの秘訣④サカママたちとフットサルでリフレッシュ

練習のサポートや送り迎え、試合観戦…、日々、やることが盛りだくさんのサカママ。でも、サカママライフを楽しんで、イキイキしてる人っていますよね。

そこで、新しくサカママリーダー&サポーターになってくれた5人の方にフォーカスし、サカママとしての楽しみ方やサポートするコツなどを取材しました。

泉 有紀さん

大阪府河内長野市在住

葵翔くん(小4/長野FC)

サカママ歴:5年

チームのお手伝い:なし

サポートしていること:送迎、試合の応援、お弁当づくり

サカママになってよかったと思うこと:おばちゃんになってから友達ができた!

サカママとしてのモットー:息子だけでなく自分自身もサッカーを楽しむ

きっかけはサカママサッカースクール

「息子は引っ込み思案だったのですが、サッカーをやるようになったおかげで、自ら友達を作れるようになりました。私自身も学校のママ友以外の友達がどんどん増えてます」と泉さん。そんな泉さんの気分転換の一つがフットサルです。「じつは、以前サカママサッカースクールに参加したら、サッカーの楽しさにハマってしまって。でも、通うのは遠かったので、息子のクラブチームのサカママさんたちに “めっちゃ楽しいからチーム作ろう”と声をかけて、フットサルチームを作りました。今、メンバーは15人ほど、月に1~2回、子どもやパパたちも一緒に集まってミニゲームをやってます。といってもママたちはしゃべってることも多いのですが、それもリフレッシュになりますね(笑)」

サッカーイベントやスクールでサカママ友をつくる!

「もともと人見知りなのですが、サッカーイベントの時に子ども同士が仲良くなったのを見て、親御さんに声をかけてみたんです。サカママ同士、悩みも一緒で意気投合しました」。それ以来、スクールでも自ら声をかけられるように。

試合中に撮った写真をチームのみんなに送る

1年前から試合中の写真を撮ることにも目覚めたという泉さん。
「試合中は一眼レフでチームみんなの写真を撮ってます。それをすぐにWi-Fiで送るとみんな喜んでくれるので嬉しいですね」

サカママサポーターとして一言!

サカママさんたちに、子どもの試合を観るだけでなく、フットサルでもいいのでサッカーをプレーする楽しさを伝えたいですね。

※この記事は2016年8月24日に掲載したものです。

①互いにサポートしあえる“サカママ友”をつくる!
②「今が一番楽しい」という気持ちで見守る!
③サッカーに関することはすべて息子にさせる!
④サカママたちとフットサルでリフレッシュ
⑤運動音痴でも気にしない!親子でサッカーの練習をする

合わせて読みたい

  • 夢の実現〜 もどかしさを胸に、サカママ を通して託す想い
  • <先輩サカママ>澤 満壽子さんからのアドバイス
  • 高橋秀人ママ「料理は好きだったから苦ではなかった」
  • ジュビロ磐田 名波 浩監督に聞いた「サッカージュニアの成長と可能性を育むためにできること➁」
  • ジュビロ磐田 名波 浩監督に聞いた「サッカージュニアの成長と可能性を育むためにできること①」
  • サカママ ワールドカップ特派員 Vol.4

関連記事

  • マネしたい!サーモスグッズの使い方アイデア【第2弾】
  • キリンビバレッジのドリンクも対象!「ベルマーク活動」してますか?
  • 突然の休校から3か月が経過して。
  • マネしたい!サーモスグッズの使い方アイデア
  • サカママ読者・石塚理江さんが今買いたい“サーモスのグッズ”探してきました!
  • イギリスサッカー便り【Stay home, Stay positive】