教えて!カントク!ブレッサ相模原(神奈川県)清澤光伸監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!ブレッサ相模原(神奈川県)清澤光伸監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

清澤光伸監督

ブレッサ相模原
(神奈川県)
清澤光伸監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

最近の傾向では、小学6年生の夏休み頃からではないでしょうか?

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

どちらにもそれぞれの良さがあると思いますし、もちろんその逆もあります。クラブチームか部活動かという枠で考えるよりも、代表者や監督の考えなど、各自に見合ったサッカーの場を選ぶといいかと思いますね。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

中学年代は成長過程なので、バランスの取れた食事やしっかりと睡眠を取るなど体調管理が第一ですね。
また自我が芽生え始める時期なので、未熟でおかしなところがあったとしても、とにかく否定することはやめてあげて欲しいです。お子様の意思・考え方を尊重し、寄り添うような助言や応援をしてあげて頂きたいと思います。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

このテーマはクラブチームも部活動も同じで、本人次第ではないでしょうか。当クラブにはクラブ活動を休まず、自分で予習と復習をし、普段の授業をしっかりと受けることで成績が学校のトップクラスに入るような選手が過去何人も在籍していました。なので、周囲の大人が勉強に対してどのような意思を持たせてあげられるかが大切だと思います。
私たちはサッカーを通じて「勉強もちょっと頑張ってみようかな!」と思ってもらえるよう促しますし、保護者様も勉強そのものを強いるのではなく、本人にやる気が芽生えるような接し方をしてあげて頂きたいです。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

中学年代に限らず、お子様は大小それぞれが何かしらの夢を持ってサッカーをしているわけですから、その夢に応じてあげられるような道を我々大人が示してあげることが大切ではないでしょうか。
その中で、みんなでひとつの目標に向かうこと、仲間との絆、失敗と成功の繰り返しという現実、様々な壁を乗り越える力、家族・友達・恩師への尊重等を育んでいきたいと思います。

ブレッサ相模原

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから