メインコンテンツに移動

教えて!カントク!FC LAVIDA(埼玉県)村松明人監督

東京、神奈川、千葉、埼玉のリーグに所属するチームの情報を収録した『中学サッカー進路ナビ』。書籍には収まりきらなかった監督からのメッセージをここで紹介! 「中学サッカー進路」についてサカママたちへの熱いメッセージをいただいてます! ただ強さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、各々の熱い思いに耳を傾けてみてください。

FC LAVIDA(埼玉県)

村松明人監督

村松明人 監督(監督歴:6年目)

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

5年生くらいから考えた方が良いと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

クラブチームは各学年に担当コーチをつけていることが多く、また、各学年で多くの試合が組まれている点が部活動との大きな違いではないでしょうか。それにより、1年生からサッカーに集中して成長できる環境が整っていることがクラブチームの良さかと思います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

中学年代は大人に成長する過程で大事な時期ですよね。サッカーでは自分の判断が一番大切かと思いますので、普段の生活から自分で判断し、自立していけるようにすることが大切かと思います。ですので、保護者の方には日頃の生活から自立を促すようにサポートしてもらえればと思います。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

時間の使い方次第で両立は出来ると思います。高校生になっても同じような問題は起こりますから、中学年代のうちから両立が出来るように、時間を有効に使う工夫をしていくことが大切ではないでしょうか。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

自分の意志で行動できるようになることが大切だと思います。サッカーの楽しさよりも辛さが勝ってしまったり、自分の意志よりもコーチの考えに向かい過ぎると自分のプレーを見失い、成長しなくなってしまうこともあるかと思います。一人ひとりが自ら考え、自分のプレーをすることが大切ではないでしょうか。

FC LAVIDA

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチームの皆さまへご連絡お待ちしています!

『中学サッカー進路ナビ』は、2018 年春に実施したアンケート、および各チームへの取材をもとに、8 月を締切とし作成されたものです。そのため制作期間中に取材・アンケートが適わず、本書にて紹介しきれなかったクラブチームもあります。サカママ編集部では、シリーズでの刊行を目指し、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。同書をご覧いただき、掲載を希望されるチームの方々は、お気軽に当編集部までお問い合わせください。

●サカママ編集部
info@soccermama.jp
電話 03-6721-5715

『中学サッカー進路ナビ』

東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県を対象に収録!
サカママ編集部からサッカー業界初の“進路案内”が登場!

定価:本体1,200円+税
発売日: 2018/10/1
ISBN: 978-4905349426

関連記事

  • 小6の決断
  • 教えて!カントク!順蹴フットボールアカデミー(千葉県)三戸康裕監督
  • 教えて!カントク!和光ユナイテッド川崎FC(神奈川県)下山 悠監督
  • 教えて!カントク!FELICE FC 浦安(千葉県)松原良香監督
  • 教えて!カントク!秦野フットボールクラブ(神奈川県)多田浩行監督
  • 教えて!カントク!Eins.FC.YACHIYO(千葉県)鈴木洵也監督