教えて!カントク!三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニアユース(東京都)生方修司監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニアユース(東京都)生方修司監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

生方修司監督

三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニアユース
(東京都)
生方修司監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

早ければいいと言うことでもありません。6年生になってからでも大丈夫かと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

環境の良さですね。主にここで言う環境とは、指導者の質であります。良い指導者との出会いが、その後のサッカー人生を長くするのではないでしょうか?

三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニアユース

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

ベストサポーター、いわゆる、常に見守る姿勢でサポートをしてほしいですね。サッカーのことはチームのコーチにまかせて、深く立ち入らないことが大切かもしれません。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

本人次第でありますが、もちろん両立させることは可能です。学生は本来学業が優先されます。しかし、勉強よりもサッカーがという子もたくさんいます。
養和では、将来サッカーチームの選択肢を広げる為に勉強も頑張るよう指導しており、両立できている子がほとんどです。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

指導者の導きが大きく選手の将来に影響を与えると考えています。簡単に言うと、指導者の熱量が大切になるのではないでしょうか?預かった選手全員に情熱を注げるかだと思います。人間同士なので必ず合う合わないが有りますが、指導者がそのキャパを持っているかが大きな分かれ目になると思います。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから