教えて!カントク!IRIS生野 SOCCER SCHOOL(大阪府)武井一馬監督 | サカママ メインコンテンツに移動
 

教えて!カントク!IRIS生野 SOCCER SCHOOL(大阪府)武井一馬監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

 

IRIS生野 SOCCER SCHOOL
(大阪府)
武井一馬監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

中学年代でやりたいサッカーを逆算してサッカーに取り組めるといいかと思いますので、4年生くらいでしょうか。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

私は大阪市の部活動支援員としても活動しているので、中学の部活にも良さがあると思いますが、
①チームに所属している指導者の数、ライセンスの保有率
②同じ意識の選手が集まっている
③合宿や大会参加など、活動の自由度
といったところは、クラブチームの良さかと思います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

①食事のサポート(食育を一緒に学ぶ)
②会話をする
③試合を見る
④コーチと協力する
⑤尊敬される、憧れられる姿を見せる

特に中学生年代は反抗期に入り、大人の言葉が伝わりにくくなることが予想されます。言葉を伝わりやすいものにするためには、誰が言っているかが重要です。毎日を楽しそうにキラキラ生きている大人に言われることであれば、子どもたちも受け取りやすいのではないでしょうか。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

できます。今はスマートフォンが普及し、勉強の仕方が大きく変わってきています。学習する場所、時間の自由度が増えていますので、そういったものをうまく活用していくことも必要でしょう。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

サッカーの技術・戦術を手に入れることは当然のことながら、今何をすべきかを常に考える習慣が身に着けられるよう指導しています。また、選手がより多くの情報に触れ、様々な経験をすることで豊かな感性を得られるように指導し、子どもたちにとってサッカーが【人生を豊かにするもの】になることが大切だと考えています。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから