失敗を味わうことが成長への第一歩 | サカママ メインコンテンツに移動

失敗を味わうことが成長への第一歩

お子様がサッカーで失敗した時、慰めても聞く耳を、怒るのも気が引ける、こんな時はどんな接し方をすればよいか困ってしまう人は多いのではないでしょうか。
こんな時はママの方が、そんな子どもの態度にイライラしてきてしまうかもしれません。
しかし、この失敗した時に無理にコミュニケーションをとることは本当に必要なのでしょうか?
早く元気になってほしいからこそかける言葉の数々は、本当にその子にとってプラスになっているのか、親のエゴなのか考えてみることが大切です。

失敗を味わう事

どんな選手にも失敗することはあります。時には落ち込むことや、悔しくて泣いてしまうこともあるでしょう。
そんな時は無理に励ましたり、「いつまでもクヨクヨするな」という声掛けはオススメできません。
失敗という結果に悔しがることはむしろ健全。これを無理に明るくいる必要はないのですし、結果に対してしっかりと感情を味わうことはとても大切なことです。
感情を味わうからこそ「次は失敗したくない」という、やる気の源になるのです。
その子のペースでじっくりと感情を味わう時間を取ってあげること。これが子どもの成長には必要なのです。