産業能率大学サッカー部 城定幹大選手【大学サッカーのすゝめ 2021】 | サカママ メインコンテンツに移動

産業能率大学サッカー部 城定幹大選手【大学サッカーのすゝめ 2021】

高校卒業後、それぞれの目標を持って大学サッカーへとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介する「大学サッカーのすゝめ」。関東一部・二部の計24校から、48名の選手を紹介していきます。
今回紹介するのは、産業能率大学サッカー部城定幹大選手。進学先を選ぶ際の参考にしてみてください!

産業能率大学サッカー部 城定幹大選手

城定幹大選手

MF/FW 城定 幹大(ジョウジョウ カンタ)

  • 2001年2月15日生まれ
  • 産業能率大学 情報マネジメント学部 現代マネジメント学科 3年
  • 出身チーム
  • 小学生年代 
    FCアビリスタ
  • 中学生年代 
    ジョカーレFC
  • 高校生年代 
    市立船橋高校
  • FAVORITE PLAYER
  • ダビド・シルバ

自分のプレーの特徴とチームのスタイルが合う産業能率大学サッカー部へ

―産業能率大学、産業能率大学サッカー部を選んだ理由は?

高校3年生の春頃に産業能率大学の練習に参加させていただいたのですが、その際に自分のプレーの特徴とチームのサッカーのスタイルが合うと感じて、この大学でサッカーがしたいと思うようになりました。また、当時の先輩も優しく接してくれて、人間関係も良いチームなのだなと感じたことも選んだ理由の一つです!

―大学サッカーに進んで良かったことは?

高校サッカーよりも高い強度とスピード感の中でプレーすることで、試合を重ねるごとに成長できますし、プロ内定者が多くいる中でプレーすることが自分の目標への刺激にもなります。また、選手が主体的に考えることが多いので、思考力や想像力も向上すると思います。

サッカー部のテーマは「文武一道」。選手としても学生としても成長できる

―サッカー部の自慢、おすすめポイントは?

産能大サッカー部は「文武一道」を掲げていて、部活動とキャンパスでの学びを結び付け、互いの活動に活かしていくことをテーマにしています。選手としてだけではなく、学生としてもしっかり成長できる環境があることがおすすめポイントです。

―大学の自慢、おすすめポイントは?

産能大は学生同士の親交が深いと思います。講義の中でグループワークを頻繁に行ったり、コミュニケーションをとる機会が多いので、一般学生とも分け隔てなく仲良くできるところがポイントです。

サッカーができる喜びを嚙みしめ、楽しみながらサッカーに打ち込んで

―最後に、現役高校生に向けてメッセージと大学PRをお願いします!

コロナ禍で進路選択も難しくなっていますが、まずはサッカーができる喜びを噛みしめて、楽しみながらサッカーに打ち込んでほしいと思います。
産能大サッカー部は、施設、人間関係含めサッカーが上手くなるための環境が整っているクラブだと思います。ぜひ進路選択の時には気にしてみてください!

城定幹大選手

高校時代の自分にメッセージやアドバイスを送るとしたら?

大学に進学してサッカーを続ける城定選手に、高校時代の自分へのメッセージを聞いてみました。
現役高校生は、今の自分と照らし合わせて参考にしてみてください。

サッカー面
嫌だなと思うことほど真剣に取り組みましょう。フィジカルメニューや守備練習も、積み重ねればしっかり自分のものになると思います。あとはサッカーを純粋に楽しんでやること。

生活・勉強面
日頃から色々な人とコミュニケーションをとっておいた方がいいと思います。違った価値観や意見を持っている人とも仲良くできるくらいに。それができれば今後の人生に絶対役立ちます。

進路準備Q&A
大学を決めるのに何校調べた? 3校
大学選びはいつ頃から準備した? 高校2年の終わり頃から

大学サッカープレーヤーの生活に迫る!

大学でサッカーを続けている選手たちは、どんな生活を送っているの?
気になるあれこれを聞いてみました。

生活スタイル

住まいは?
通学は? 徒歩1分程度
起床時間は? 5時50分
就寝時間は? 22時30分
オフの過ごし方 部屋でゆっくり過ごす

サッカー部について

練習時間は? 朝練
大学サッカーが気になったら…

※「大学サッカーのすゝめ」は関東大学サッカー連盟のご協力のもと作成しています。記事内で使用している写真は各チームの了承を得た上で、連盟を経由してご提供いただいたものです。

アミノバイタルアミノバイタル