身体機能を引き出す!ジュニア向け基礎動作トレーニング【第10回】 | サカママ メインコンテンツに移動
 

身体機能を引き出す!ジュニア向け基礎動作トレーニング【第10回】

サッカーが上手になるためには、サッカーの練習をするのはもちろん大切。でも、姿勢が悪かったり、正しいフォームで走れなかったり、自分の身体を正しく扱えないままでサッカーの練習だけをするのは、効率がいいとは言えません。
重要なのは、専門技術を磨く前に身体を正しく動かすための基礎動作を身に着けること。身体を正しく動かすことができれば、身体にかかる負担も減るのでケガの予防にも繋がります。
ここでは、全ての動作の土台となる基礎動作を身に着けるためのトレーニングを紹介します。トレーニングに近道はありません。基本を踏まえて地道に実践していきましょう!

スパイダーウォーク

名前の通り、虫のクモのように動くエクササイズです。正しく行うには、股関節の可動性や肩甲骨周囲の筋力が重要になります。動画では、その場で動いているだけですが、スペースがある場合には前に歩くように進んでもOKです。このトレーニングで体の連動性を高めましょう!

ハーフターキッシュゲットアップ

全身の連動性を高めるエクササイズです。エクササイズのレベルが高くなってきているので、動作の順番を確認しながら行いましょう。慣れてきたら、伸ばしている手の上にサッカーボールを乗せて、ボールが落ちないようにバランスをとりながらチャレンジしてみましょう!