【GK TECHNICAL】GKたちだけで取り組める練習 | サカママ メインコンテンツに移動
 

【GK TECHNICAL】GKたちだけで取り組める練習

GK向けの練習メニューを紹介する「GK TECHNICAL」。
今回のレッスンテーマは、「GKコーチのいない高校でGKたちだけで取り組める練習」。いずれのメニューもGK 2人だけでできる簡単なものになっているので、ぜひ実践してほしい。

LESSON1 基礎編
正しい腕の使い方を身につけるためのダイビング

腕の可動域を広げ、腕を最大限伸ばせるようになるため、飛ぶ方向の手をコーンに置いた状態からダイビングでボールを弾き出す練習。腕を出すタイミングにも注意し、反応(ダイビング)と同時に出すのではなく、写真3のように反応してから腕を出すことでしっかりとボールを弾き出せるようになる。

    

LESSON2 基礎編
足の運びを意識した上方向へのダイビング

片方のサイドに寄せたコーンに手を置くスタートポジションを取り、ボールが出た瞬間に素早くステップを踏み、力強く上方向にダイビング。ここでも腕を伸ばすのは反応した後。ボールを弾く『ディフレクティング』は「ボールを“押し出す”イメージ」。うまくできないときは、徐々に難易度の高いボールを投げるように調整する。

    

LESSON3 応用編
状況判断、連続性を伴うダイビングとシュートストップ

試合に近い状況を想定した練習をしなければ、本番である試合で力は発揮されない。試合では1度で攻撃が終わることなく、2度、3度と続くこともある。ここでは応用編として連続性のあるシュートストップ練習を取り上げた。

試合状況を意識した連続動作。初めはスロアーと両ゴールを結んだ直線上に置かれた緑のコーンゴールを守る。これはGKが相手との間合いを詰めているときに守るべき幅。シュートコースは狭くなるが反応する時間は短くなる。合図で眼を開けた瞬間に、事前に指定された色のボールに反応し、コーン間にボールを通させないように対応。
ボールを弾いた場合はセカンドボールに対応しなければならず、弾いた方向から相手が詰めて来ている想定で、GKはシュートに備えるため、ボールから眼を離さずに移動。青のコーンは味方DFと仮定し、GKはニア、DFはファーを守るのがセオリーだが、試合ではどこにボールが来るか分からないので、両方向に対応する。

 
緑のコーンゴールの中央に立ち、眼を閉じて構える。スロアーは色の異なる2つのボールを持つ。
 
スロアーは掛け声と同時に、GKの両脇のゴールをめがけてボールを投げ、得点を狙う。
 
GKは事前に指定された色のボールがどちらにあるかを瞬時に認識し、ダイビングの体勢に入る。
 
間合いを詰めているのでシュートコースは狭くなる。したがって足を運ぶ必要がなくなる。
 
反応してから思い切り腕を伸ばす基本を忘れず、押し出すイメージでボールを外に弾き出す。
 
弾いたボールをFWが詰めて来ている想定で、GK、スロアーともに次のボールへ素早く移動。
 
青コーンはDF。基本はGKがニア、DFがファーを守るが試合中は何が起こるか分からない。
 
GKはニアをケアしつつも、両方向を警戒。時間があればさらに間合いを詰め、コースを限定。
 
シュートに対し、先に動くことなく、打たれてから反応し、そして腕を伸ばして対応する。
 
最後までボールを見て、確実にボールを弾く。また、弾いた方向にさらに相手がいないかを確認。

監修/松本拓也
取材・文/小澤一郎
写真/原悦生