指導者の言霊「大槻邦雄 三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニア監督」

指導者の言霊「大槻邦雄 三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニア監督」

幼児から大人のクラスまで様々なカテゴリーを指導

三菱養和サッカークラブ(以下、養和)のコーチングスタッフは、幼児から大人のクラスまで様々なカテゴリーを担当します。私は、巣鴨ジュニアの監督を務めながら、ときに低学年やお母さんたちのスクールなどの指導も行っています。

子どもたちを幼児の頃から18歳まで見守ることができるのは、養和の強みの一つです。様々なクラスを指導する環境にいるからこそ、常にフラットな状態で子どもたちを見ることができるのです。私だけでなく、どのコーチングスタッフも、担当するカテゴリーに関係なく、子どもたちとは常にコミュニケ ーションをとるようにしています。そうすることで子どもたちには、たとえ担当のコーチが苦手だったり、怒られたりしても逃げ道ができるのです。また、指導者たちの間では、子どもたちの情報を共有し、学年がかわってもしっかりサポートし続けるというリレーションがとれているのも特徴です。そのため、辞めていく子どもたちは比較的少ないですし、去年、ユース(高校生)のチームが日本一になったときのメンバーは、スタメン11人のうち、9人がジュニアからいた選手でした。親御さんとしても、昔から知っているコーチがいると安心ではないでしょうか。コーチングスタッフも養和出身が多く、私もその一人です(笑)。

人としてしっかり成長するには何が必要かを考える

私はジュニア時代は生活のベースを作っていくことが大事だと考えています。子どもたちの中にはスクールを掛け持ちし、サッカー中心の生活になっている子も大勢います。決して悪いことではないと思うのですが、普通に生活すること、例えば学校に行って勉強し、帰宅後、宿題をして友達と遊ぶといったような、子どもが子どもらしくいれる時間も大切だと思うのです。また、生活の中でサッカーの比重が大きくなりすぎると、体がついていかないこともあります。そのため、養和では土日はどちらかを休みにし、夏休みも1~2週間設けています。

心がけていることの一つに「子どもたちを認めてあげる」ということがあります。たとえ思春期の子どもが、つんけんした態度をと っても怒るのではなく、まず認めてあげる。子どもたちなりの考えがあると思うので、それを認めて尊重しながら働きかけるようにしています。また、「子どもたちはこうあるべきだ」「~ねばならない」といった考えは持たないようにしています。というのも、思った通りに育つ子は、ほとんどいないからです。大事なのはありのままを受け止めて、子どもたちの変化を見ながら指導していくこと。それは、試合でも同じです。たとえプランを綿密に立てていたとしても固執するのではなく、試合の状況に応じて変えていくことが重要。去年の全少の東京大会決勝戦では、開始7分でメンバーを変えたことも優勝できた要因の一つだと思っています。

選抜やトレセンに選ばれることがすべてではない

選手がトレセンや選抜に選ばれることに対して、私はさほど敏感に反応しません。もしも選ばれたら「頑張ってこいよ」というくらいのスタンスです。というのも、選ばれた選手を褒めてしまったら、選ばれていない子どもたちが、選抜に選ばれないと駄目なんだと思ってしまう。近頃は親御さんたちのほうに力が入っていて、子どもたちよりも必死になる場合があります。けれど、子どもたちにも、親御さんにも、選ばれることがすべてではないことをわかってほしい。どんな小さな年代でも、サッカーをやっていれば“社会”がある。親御さんはそれを理解し、子どもたちはサッカーを通して、社会性、人間性を身につけることが大事だとわかってほしいのです。

「明るく、楽しく、元気良く!」。どんなときも、この気持ちで臨み、爽やかですがすがしく、誰からも愛される選手に育ってほしいと思っています。

※この記事は2016年8月10日に掲載しものです。

AND MOREあわせて読みたい

サカママレシピ ―ハムとじゃがいもときのこの簡単リゾット―

サカママレシピ ―ハムとじゃがいもときのこの簡単リゾット―

編集部

費用は?お手伝いは?荷物の量は?サッカージュニアのリアルな合宿について調べてみました

費用は?お手伝いは?荷物の量は?サッカージュニアのリアルな合宿について調べてみました

編集部

スクールコーチの見る夢は未来のプロ選手の輩出【サッカーを仕事にするということ】

スクールコーチの見る夢は未来のプロ選手の輩出【サッカーを仕事にするということ】

編集部

「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-九州・沖縄エリア-

「JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会」出場チーム&注目選手をPick UP!-九州・沖縄エリア-

編集部

自分が今年目指すべき姿を思い描こう!

自分が今年目指すべき姿を思い描こう!

野田恭平

鼻血の対処法

鼻血の対処法

村田一恵

教えて!カントク!クラブテアトロジュニアユース(神奈川県)岩本大輝監督

教えて!カントク!クラブテアトロジュニアユース(神奈川県)岩本大輝監督

編集部

肩まわりのストレッチに効果的な「背中腕立て」

肩まわりのストレッチに効果的な「背中腕立て」

編集部

サカママ&キッズ必見!サッカーフィールド用語

サカママ&キッズ必見!サッカーフィールド用語

編集部

知っておこう!サッカーシューズの基礎知識③フィット感を確かめる方法とは?

知っておこう!サッカーシューズの基礎知識③フィット感を確かめる方法とは?

編集部

サカママレシピ ―梅おかかときゅうりとしらすのさっぱりおにぎり―

サカママレシピ ―梅おかかときゅうりとしらすのさっぱりおにぎり―

編集部

サカママ ワールドカップ特派員 Vol.2

サカママ ワールドカップ特派員 Vol.2

サカママ特派員

RANKING人気記事ランキング

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

編集部

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

編集部

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。 <br>畑本時央【前編】

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。
畑本時央【前編】

編集部

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

編集部

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

編集部

EVENTこれから開催するイベント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

イベント

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】<br>サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】
サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

イベント

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

イベント