教えて!カントク!リーベルプントFC(神奈川県)屋良充紀監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!リーベルプントFC(神奈川県)屋良充紀監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

リーベルプントFC
(神奈川県)
屋良充紀監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

ユース年代を見据えてしっかりやりたいのであれば、夏休み前位から調べていった方がよいと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

クラブにもよりますが、競技としてのサッカー、育成強化について特化していると思いますので、より専門的な指導を受けられることです。

リーベルプントFC

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

特に母親の接し方が大事になると思います。ジュニアユース年代になると、サッカーにおける勝ち負け、技術レベルなどの知識は、お子さんの方が発達しています。母親の知ったかぶりな知識でものを言っても煙たがられるだけです。この際ゆったりと大きな心で見守り、おいしいご飯を用意して待っていてあげることが第一ではないでしょうか。特に母親同士のお茶会や飲み会で話した勢いで、サッカーの技術的な話、つまり「誰々ちゃん云々」的な話などしようものなら、子どもは口を利かなくなり、必要なコミュニケーションすら取れなくなる可能性がありますので気をつけましょう。でも、そんな子どもの反応をネガティブに捉えないでください。それもこれもすべてはお子さんが成長している証なのです。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

うちの場合は、火、水、土、日とウィークデイは2回の練習にしていますので、しっかりと勉強の時間を確保できます。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

日本はジュニア年代で試合が多いため、子どもたちはどの年代でも、どんなチームでも公式戦が用意され、試合ができると思っていることが多いです。しかし、中学生以降はしっかり育成しているクラブや熱心な先生がいる部活以外は、ともするとジュニア年代より質や強度が下がってしまうこともあります。そうなると、サッカーに対して情熱を持てなくなってしまいますよね。だからこそ、チームを選ぶ際はしっかりと考えてほしいと思います。
もう一つは、ジュニアではうまくいかなかった選手でも、うちのように個の育成強化に特化しているクラブを選べば、この後の年代で充分にやって行けるということ。そして、サッカーを通して人間的に強く大きくユーモアにあふれる人間形成も必要と考えています。

リーベルプントFC

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから