「心に残る卒団式」レポート 栃木県「unionスポーツクラブ」編

「心に残る卒団式」レポート 栃木県「unionスポーツクラブ」編

各地で桜が開花し、先週の週末は卒団式だったというチームも多いのではないでしょうか。前回に続く卒団式レポート第2弾は栃木県の「unionスポーツクラブ」です。筆者の息子がこのチームで卒団しました。わが子の卒団を迎えたサカママ目線でのレポートをお届けします。

unionスポーツクラブとは

unionスポーツクラブは、栃木県宇都宮市の作新学院大学グラウンドを拠点に活動している創部2年目のクラブチームです。サッカーと陸上を行う総合スポーツクラブとして、有資格者やプロサッカー選手経験者の指導のもと、専門的なトレーニングを行っています。今年度はジュニアとジュニアユース合計で約60人が活動しました。

unionスポーツクラブ

当日のタイムスケジュール

9:00 集合・ウォーミングアップ
9:30 全学年混合でミニゲーム
10:45 3~6年生の混合チームで紅白戦
11:30 卒団式
12:30 卒団式終了・解散

いつも通りのトレーニング

unionスポーツクラブ

当日に特別な準備はなく、いつも通りのトレーニングでスタート。1年生から6年生まで全員でウォーミングアップを行います。遊び感覚で鬼ごっこを取り入れるなど、現メンバーでの最後の1日をスタートさせました。

ミニゲーム

体を温めたあとは、全学年混合でミニゲームを行いました。1年生と6年生が並ぶと身長差は約30cmほど。卒団生の保護者は、1年生と並んでいるわが子を見て、その成長を実感できていたはず。私もサッカーを始めたばかりの頃のことを思い出しながら観戦しました。

unionスポーツクラブ

6年生2人vs低学年4人チーム、コーチ2人vsジュニアチームなど、いつもは行わないチーム分けも展開。子どもたちもコーチもサッカーを楽しむ姿が印象的でした。

unionスポーツクラブ
コーチとも対戦

紅白戦

続いて、3年生から6年生までを混合で2チームに分けての紅白戦をスタート。6年生はunionスポーツクラブのジュニアチームのメンバーとして戦う最後の試合です。小雨が降る中でしたが、真剣勝負を笑顔で楽しんでいた様子。観ているこちらも笑顔になる試合でした。

unionスポーツクラブ

卒団式へ

最後のトレーニング終了後、卒団式を行いました。この期の6年生は6名(うち1人は欠席)。本来はグラウンドで行う予定でしたが、小雨がパラつく天気だったため、大学の構内にまずは移動します。

unionスポーツクラブ
全学年の親子が集合しました

レクリエーション

総監督の挨拶のあと、この年度終了後に他チームに移籍する3年生が挨拶。そして、3年生、4年生、5年生がそれぞれ学年ごとに準備したゲームで、卒団する6年生に楽しんでもらう時間を設けました。

unionスポーツクラブ
3年生はジェスチャーゲーム
unionスポーツクラブ
4年生は風船リレー
unionスポーツクラブ
5年生は人間ボーリング

卒団証書授与と、コーチからの最後の言葉

unionスポーツクラブ

親子で爆笑しながら楽しんだレクリエーションの後は、いよいよ卒団式のクライマックス。在団生からの花束贈呈と卒団生の挨拶、そして卒団証書の授与および、コーチからのメッセージを伝える時間です。

創部から2年ということもあり、他チームから移籍してきたり、サッカーチームに所属するのは初めてというメンバー構成だった6年生。負け試合のほうが多かった戦績でした。試合で負けるたびに泣いていたこと、5・6年混合チームでの大会参加ではたくさんの学びがあったこと……。2年間と短い時間でしたが、思い出は尽きません。

「みなさんは勝った喜び、負けた悔しさを共有したunion familyの一員です。これからもサッカーを全力で楽しんでほしいです。笑顔でサッカーをしている時は、うまくなる時。辛い時もこれからあるかもしれません。そんな時はいつでもfamilyとして支えあっていきましょう」そう話すコーチの言葉は、子ども達はもちろん、保護者の心にも響いたことでしょう。

unionスポーツクラブ
卒団生からチームへの記念品は作戦ボード

サッカーボールがつないだ縁は、きっと一生もの。これからもこの絆は続いていくはずです。なお、卒団式に参加した6年生5名は全員引き続き同クラブのジュニアユースチームでサッカーを続けます。4月からは1学年26人の大所帯になるため、今までのようなアットホームな雰囲気とはガラリと変わるかもしれません。

ハートフルな「心に残る卒団式」でした。堂々と挨拶をする息子に成長を感じながら、これからも私は引き続きサカママとして精一杯サポートしていきたいと心に誓った時間でもありました。卒団までサッカーを続けられたことは、親子ともにこれからの糧になると思っています。

unionスポーツクラブ
卒団式が終わるころには雨もやみ、青空が広がっていました

AND MOREあわせて読みたい

指導者の言霊「米澤一成 京都橘高校サッカー部監督」

指導者の言霊「米澤一成 京都橘高校サッカー部監督」

編集部

親も学び、親も成長。その姿勢と行動が親子の絆を深くする

親も学び、親も成長。その姿勢と行動が親子の絆を深くする

野田恭平

サッカーと勉強、両立できている方法が知りたい!

サッカーと勉強、両立できている方法が知りたい!

編集部

サカママをもっと楽しむための5つの秘訣④サカママたちとフットサルでリフレッシュ

サカママをもっと楽しむための5つの秘訣④サカママたちとフットサルでリフレッシュ

編集部

教えて!カントク!プレジールスポーツクラブ入間Jr.ユース(埼玉県)島雅浩監督

教えて!カントク!プレジールスポーツクラブ入間Jr.ユース(埼玉県)島雅浩監督

編集部

指導者の言霊「福井和哉 FC VIDA レディース総監督」

指導者の言霊「福井和哉 FC VIDA レディース総監督」

編集部

試合前から気持ちで負けているときは

試合前から気持ちで負けているときは

清水利生

熱中症の対応方法

熱中症の対応方法

村田一恵

鼻血の対処法

鼻血の対処法

村田一恵

チームの緊急連絡体制は大丈夫?②

チームの緊急連絡体制は大丈夫?②

村田一恵

サッカージュニアをポジティブ脳に育てる言葉のトリセツ

サッカージュニアをポジティブ脳に育てる言葉のトリセツ

編集部

やっぱり朝ごはんって、大切です!

やっぱり朝ごはんって、大切です!

編集部

RANKING人気記事ランキング

【全国強豪校FILE】東海大仰星高校(大阪)勝負にこだわり、強い結束力で再び全国の舞台へ

【全国強豪校FILE】東海大仰星高校(大阪)勝負にこだわり、強い結束力で再び全国の舞台へ

貞永 晃二

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

編集部

【サッカーで必要な持久力】持久力のある選手になるには?

【サッカーで必要な持久力】持久力のある選手になるには?

編集部

大学進路のすゝめ「先輩が語るサッカー受験秘話」

大学進路のすゝめ「先輩が語るサッカー受験秘話」

編集部

【「J」に迫る強豪街クラブの中学育成論】FC多摩ジュニアユース・平林清志監督(第1回)

【「J」に迫る強豪街クラブの中学育成論】FC多摩ジュニアユース・平林清志監督(第1回)

編集部

EVENTこれから開催するイベント

【サカママフェスタin札幌】スクール体験

【サカママフェスタin札幌】スクール体験

イベント

【サカママフェスタin札幌】事前来場予約をして抽選会に参加しよう!

【サカママフェスタin札幌】事前来場予約をして抽選会に参加しよう!

イベント

【サカママフェスタin札幌】フェスタを盛り上げてくれるママさんボランティア大募集!

【サカママフェスタin札幌】フェスタを盛り上げてくれるママさんボランティア大募集!

イベント

【サカママフェスタin札幌】soccer MAMA CUP開催!

【サカママフェスタin札幌】soccer MAMA CUP開催!

イベント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

イベント

サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

イベント