GK TECHNICAL GKの価値を決めるシュートストップのボールフィーリング | サカママ メインコンテンツに移動

GK TECHNICAL GKの価値を決めるシュートストップのボールフィーリング

シュートセーブの際に必要な技術を身につけるためのメニューを紹介する同シリーズ。
今回は、“ボールに触る瞬間”にフォーカスした練習を紹介。
シュートを止めて失点を防げるかどうかはボールフィーリングにある!

近年、GKはシュートストップだけでなく、多様な能力が求められるようになった。守備面ではDFの背後への飛び出しを警戒し、攻撃面ではビルドアップやカウンターの起点となるフィード能力が必要とされる。加えてコーチングやリーダーシップも問われ、ゴールを守っていればいいだけではなくなった。

ただ、そちらばかりに気を取られてしまうと、GKにとって最も大切な能力を忘れてしまいがちになる。やはりGKにとって最も重要なのは、シュートを止めること。シュートストップには、ポジショニングや構え、プレー方向などの要素が絡み合うが、今回はシュートを止めるための最終局面、すなわち“ボールに触る瞬間”にフォーカスした練習を紹介する。

ポジショニングや構えなど、抜群の準備ができたにもかかわらず、シュートが入ってしまう。もしくは、腕はボールに届いているのに失点してしまっては、GKにとって悔しすぎる。そんな場面を減らすには、ボールフィーリングこそが重要となる。

LESSON1 ボールフィーリングを養うグラウンダーシュートストップ

  1. 最低でもGK、キッカー、サポート役の3人で行う。シュート方向を事前に決め、GKはセーブする方向の手にボールを持つ。
  2. キッカーが動いた瞬間にそのボールをサポート役へ正確にパス。
  3. シュートを注視し、弾き出せるタイミングで腕を伸ばす。ボールの後ろに手のひらを持っていき指先まで力を入れる。
  4. 二次攻撃を受けない場所に弾き出す。

LESSON2 ボールフィーリングを養うニア上シュートストップ

GK TECHNICAL
GK TECHNICAL
GK TECHNICAL
GK TECHNICAL
  1. スロワーの手からボールが離れたらGKは、サポート役に持っていたボールをパス。
  2. パスすると同時に反応してセーブ(スロワーは投げる振りなどして難易度を上げることも可能)。
  3. ボールを見極め、爆発的な速度で反応するイメージ。弾く腕は、肩に顎をつけるような意識を持つことで、より伸びるはず。
  4. 弾いた後もボールを注視し続けること。

CHECK POINT ボールの後ろに手のひらを持っていけるか

  • GK TECHNICAL
  • GK TECHNICAL
  • GK TECHNICAL

シュートを止めることが、最終的にGKの価値を決める。
ABのように腕を伸ばし、指を広げてボールとゴールの間に手のひらを力強く持っていく。
Cのように腕は伸びているが、弾く瞬間に手のひらの向きをミスしてはもったいない。