GK TECHNICAL GKのビルドアップ(パス&サポート) | サカママ メインコンテンツに移動

GK TECHNICAL GKのビルドアップ(パス&サポート)

シュートセーブの際に必要な技術を身につけるためのメニューを紹介する同シリーズ。
今回は、現代GKが求められる足もとの技術、ビルドアップの練習を紹介

今回のテーマは攻撃。パスの種類は大きく2つある。相手の隙を突く前線へのロングパスと、後方からのビルドアップ。今回は特にビルドアップ時の「パス&サポート」を紹介する。
チーム戦術にもよるが、昨今のGKは攻撃に加わることも重要視されている。まずは試合開始後すぐに、自チームの攻撃戦術とシステム、相手チームの守備の特徴とシステムを照らし合わせれば、パス&サポート時に相手のプレッシャーを予測しやすくなる。
効果的なパス&サポートを行うポイントは主に2つ。1つはCBの後方でサポートするのか、それとも高いポジショニングでCBの間に入りサポートするのか。もう1つは味方からのパスを受ける前と移動中に、どれだけ勇気を持って周りを把握できるか。後方のゴールを意識しすぎるあまり、臆病になっているGKをよく見かける。

LESSON1 バックステップしながらワンバウンドのボールを処理

バックパスを簡単にクリアしてしまうのではなく、正確にコントロールしてパスを出せるようにしたい。バックステップで下がりながら周りの状況を見て、バウンドしたボールを足の裏でコントロールする練習。移動中はできる限りボールを見ず、素早くパスを出せる状態を作る。

LESSON2 ビルドアップの基本となるパス&サポート

図1

  1. パスを受ける前に周囲を見て、常に相手のプレッシャーを想定する。
  2. 相手のプレッシャーを回避するため、下がりながらパスを受ける。この時も周りを見る習慣を。
  3. フリーなCBへパスを出す。
  4. CBがプレッシャーを受けた場合を想定して、後方をサポートする。
    (3~4 常に周囲を見て相手からのプレッシャーを想定)
  5. ボールの移動中も周りを見る習慣をつける。
  6. コントロールした瞬間にどこへパスを出すか決めておくことで、プレッシャーの変化にも対応できる癖を。

図2


  • SBの選手にパス(図-2 A

  • MFの選手にパス(図-2 B